アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

グリーンネオンテトラの飼育情報。混泳やエサ、飼育ポイントなど

グリーンネオン

グリーンネオンテトラの飼育にまつわる各種情報。

大きさや特徴、水質、飼育難易度、混泳のしやすさ、飼育する上で気をつけるポイントなどを解説しています。

スポンサー

大きさなどの基本情報

グリーンネオンテトラ

最大体長 2.5cmほど
適応水質 ◎:弱酸性、◯:中性
飼育難易度 かんたん
入手性 大きいショップなら常設。普通のショップでもよく見る。
100円~200円ほど。
遊泳 中層をくまなく泳ぐ

グリーンネオンは代表的な熱帯魚であるネオンテトラの仲間です。

ネオンテトラと比べて赤がほとんど無く青いラインがシッポまで入るのが特徴です。

またネオンテトラより更に小ぶりであるため小型水槽でもスケール感がでやすく、数多く入れることもできます。

群れる性質がある

グリーンネオンはネオンテトラと同様に群れる性質があり、大きな水槽で複数匹入れると群れる様子を楽しむことができます。

カラシン類は大きな水槽でないと中々群れてくれませんが、最も小さいカラシンであるグリーンネオンは小型水槽で最も群れさせやすいカラシンです。

群れで右向きに泳ぐグリーンネオンテトラまとまって行動します
群れで左向きに泳ぐグリーンネオンテトラ群れていったりきたり・・・

飼育の難しさ

グリーンネオンが水槽で青く輝く様子丈夫な熱帯魚です。

熱帯魚が飼える環境なら飼育可能で、初心者でも十分飼うことができます。

強いて言えば小さいため体力が低いので持ち帰る際は輸送時間を短くしたり、いたずらに体力を消耗しないように気をつけましょう。

混泳について

アピストグラマとグリーンネオングリーンネオン自体は温和なためどのような熱帯魚とも混泳させることができます

ただし小さいため割りと食われやすいのでその点だけ気をつけたいポイント。

成長したエンゼルフィッシュ、クランローチなどには食われてしまいます。

飼育する上で気をつけるポイント

エビによりコケが除去されたブリクサ同じ仲間であるネオンテトラやカージナルテトラと比べ、ひときわ草を食べる性質が強いです。

ブリクサやロタラなど柔らかい・美味しい水草は食われてしまう可能性が高いでしょう。

こまめな給餌を行えば水草を食べることはほとんど無くなりますが、水も汚れやすいので与え過ぎには気をつけたいところです。

小さなエサを与えよう

口が小さいので大きなエサは食べることができません。

粒がかなり細かいものか、フレークタイプのエサを与えるのが良いでしょう。

小さな水槽だとあまり群れない

グリーンネオンテトラの群れネオンテトラもそうなのですが結構広い水槽でないと群れず、最低でも45cmぐらいは欲しいところ。

また数を入れ過ぎても仲間が多い安心感からか群れてくれないことも。
(逆に群れないのはストレスがかかっていない証拠とも言えますが)

目安としては45cmで10匹~20匹ぐらいであれば群れてくれます。
これが50匹となると中々・・・。

エンゼルフィッシュなどの中層を泳ぐ大きい魚を入れるとビビッて比較的群れやすくなりますが、小さい分食われやすいため混泳相手には注意が必要です。

個人的な所感

グリーンネオングリーンネオンは青い1本のラインがとてもキレイな熱帯魚。

シンプルでキレイなため草原レイアウトや山岳レイアウトなど、魚の素の色が引き立つ水槽で特に人気です。

ネオンテトラと比べて大きさも小さいので、45cmや60cmなどの小型水槽でも群れさせやすく窮屈感も感じさせないのが良いですね。

注意点として草食性が強いので、ブリクサなどが入っている水槽はこまめにエサを与えないと食われてしまうので気をつけましょう。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ウーパールーパーの底床(砂、砂利)について!失敗しない選び方!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg