アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

スプリンガーズダムセルの飼育について!性格や混泳、値段など。

スプリンガーズダムセル

最大体長:4cmほど
飼育難易度:★☆☆
混泳難易度:★☆☆

スプリンガーズダムセルは青色に黒のドット模様で小柄の体格が可愛いスズメダイの仲間で、最大4cmほどにしか成長しません。

スズメダイの中で最も小さいことと、スズメダイでありながら混泳に向いた性格をしているのが最大の特徴です。

スポンサー

スプリンガーズダムセルの大きさ・水槽サイズ

スプリンガーズダムセルの大きさがよく分かる画像スプリンガーズダムセルは最大4cmほどとかなり小さい海水魚です。

ショップでメジャーなルリスズメダイは8cm、シリキルリスズメダイで6cmのためそれよりも更に小さいということになります。

写真は驚くことに繁殖経験のあるアダルトサイズになります。
雌雄差もありますがご覧の通りかなり小さいということがよく分かると思います。

30cm未満の水槽でも十分飼育が可能で、複数匹入れても問題ありません。

水槽におけるスプリンガーズダムセルの遊泳

ライブロックの近くを遊泳するスプリンガーズダムセルライブロックに拠点を作り、拠点を中心に活動します。

広い空間に出てくるような海水魚ではなく、拠点にした岩場およびライブロック付近をパトロールしています

餌をあげると遠くからでも食べにくるため縄張りから一切出ないわけではありません。

スプリンガーズダムセルの性格・混泳

スプリンガーズダムセルと手前に映るブラックオセラリススプリンガーズダムセルは小型スズメダイの中では比較的温和ですが、一般的な海水魚で言うと普通レベルです。

全く攻撃する素振りをみせないかというとそうではなく、近づいた魚に対して威嚇して追い払おうと行動します。

そのため臆病なハタタテハゼなどとの相性はちょっと微妙なところです。
スプリンガーズダムセルの方が小さいため、サイズ的にハタタテハゼの方が十分大きければ混泳できる可能性は高いでしょう。

逆に自分より大きい魚、カクレクマノミやロイヤルグラマなどから威嚇を受けた場合、威嚇し返すメンタルを持っています。

そのためビビって出てこなくなることが無く、そういう意味でも混泳には向いた海水魚です。

スプリンガーズダムセルが威嚇する魚

ロイヤルグラマ

ライブロックに拠点を作るため、同じくライブロックに拠点を作る海水魚とは小競り合いを始めてしまいます

例えばロイヤルグラマなどは同様の性質を持っているため相性は良くありません。

しかしながら性格が荒くないため威嚇する程度かまれに突く程度に収まるため大事になるようなことはありません。

超小型で縄張りも小さいため、ある程度大きいライブロック組のレイアウトであれば混泳も十分可能です。

もちろんキイロハギ、ギンポ・ブレニー類など全くタイプが異なる魚には一切興味を持たないため一層安心です。

混泳が向かない魚

ロイヤルダムセルとシリキルリスズメダイ小型スズメダイであるロイヤルダムセルとシリキルリスズメダイ

温和なスズメダイですが、同じ小型スズメダイとの混泳は避けたほうが良いでしょう。

縄張りが被ってしまい、かつ小型スズメダイは性格が荒いものがほとんどのため攻撃をしかけられます。

そして温和な性格と小柄な体格のせいで間違いなく負けます。

小型スズメダイは負けて逃げた相手にも容赦なく追撃しますので小型スズメダイは同居させないほうが良いでしょう。

殺されてしまいます。

スプリンガーズダムセルの餌・餌付け

餌やりにて水面に集まってきた魚達スプリンガーズダムセルは人工飼料から冷凍ブラインシュリンプまで何でもよく食べます

環境に慣れしばらくすると水面に餌を取りに来るようになります。

すばしっこいため餌が他の魚にとられてしまうことも心配無用のため餌に関して苦労することは無いでしょう。

スプリンガーズダムセルの丈夫さ・病気について

スプリンガーズダムセルスプリンガーズダムセルは強健とまではいきませんが丈夫な海水魚です。

小型スズメダイは基本的には強健なのですが、本種は超小型ということもあり体力がやや少なめのため一般的な海水魚と同じ取扱をしたほうが良いでしょう。

特に販売されている個体が1~2cmの個体もいるため体力がより少なく、購入時の運搬と水合わせは重要なポイントになります。

初心者でも水合わせをしっかりやればオススメできる海水魚です。

病気にもかかりにくいため、大切に扱えば死ぬようなことは無いでしょう。

スプリンガーズダムセルの入手性・値段

スプリンガーズダムセルスプリンガーズダムセルは500円~800円ほどで販売されています。

メジャーなルリスズメダイほどまではいきませんが安価な海水魚です。

気になる入荷量ですがあまり入荷が無いというか、ショップによっては仕入れないところもあるため入手にはハードルがある海水魚です。

小さすぎて見栄えがしないこととルリスズメやシリキルリと比べると派手さがないため敬遠されているようです。

仕入れるショップは定期的に入荷するため、ショップめぐりしていると会える海水魚です。

また通販であれば容易に入手することができます

スプリンガーズダムセルのサンゴとの相性

スプリンガーズダムセルスプリンガーズダムセルはサンゴを食べたり、触れたりしないためサンゴとサンゴとの相性は良いです。

どのようなサンゴでも一緒に飼育することができます。

おわりに、個人的な所感

スプリンガーズダムセル青系のスズメダイは是非とも水槽に入れようと思っていたんですが、シリキルリスズメダイといいロイヤルダムセルといい性格がキツいので導入を躊躇していました。

そんな時に温和で青い海水魚であるスプリンガーズダムセルを初めて知り探し回って購入したのが始まりです。

気になる発色ですが、ルリスズメダイやシリキルリスズメダイとくらべてしまうと地味ですね。

ですが照明の当たり方によっては綺麗な青色が発色しているので当初の目的は概ね果たせて満足しています。
(近頃物足りなくなってロイヤルダムセルでも1匹入れてみようかなぁとは考えていますが(¬з¬))

今では水槽にペアでキープしてお気に入りの海水魚です。

コイツの良さは青いことに加え、「超小型」・「温和」コレにつきます。

小さいことのメリット

スプリンガーズダムセルの大きさがよく分かる画像手前がスプリンガーズ、奥がロイヤルグラマのスペースになっています

岩場に拠点を作るタイプの海水魚なんですが、体格が小さいため縄張りのスペースが小さいんです。

ライブロックを積み上げて塔のようにレイアウトしていますが、スプリンガーズダムセルのペアとロイヤルグラマが拠点を作っており、住み分けができています。

手前側がスプリンガーズ、真ん中と奥側がロイヤルグラマみたいな感じになっています。

私のケースでは同じスズメダイ同士ではないということもあって成功しているのですが、縄張りが小さいと混泳もさせやすいですよ。

温和であること

ロイヤルデムワーゼルを追い詰めるシリキルリスズメダイ追い殺す小型スズメダイ
コワイ!

他のスズメダイと比べると驚くほど温和なんです。

小型スズメダイって性格がキツいやつばっかりなんですが、こいつはその中でも最も低いレベルですね。

といっても小型スズメダイの中では温和っていうだけで、少しですが他の魚にちょっかい出したりはしますよ。

ハタタテハゼとか臆病な魚とはちょっと不安ですが、元が小さいから十分行けるような気がします。

小型スズメダイが入っていないタンクメイトにオススメ!

スプリンガーズダムセルシリキルリスズメダイやルリスズメダイは混泳に失敗することもあり、カクレクマノミなどと一緒に入れるとクマノミが追いやられてしまう可能性があります。

そのためカクレクマノミをベースにすると小型スズメダイって入れづらいんですよね。

でも目の覚めるような青いブルーは小型スズメダイにしか無いので、入れたいと思うものです。

そこでスプリンガーズダムセル!温和で青いスズメダイ!タンクメイトににオススメですヨ!

この記事を見た人にオススメ!:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

魚や両生類の思い出に

記事ランダムピックアップ

ウーパールーパーの子供

ウーパールーパーの繁殖について

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg