アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

クダゴンベの飼育について。性格や餌、混泳の相性など。

クダゴンベ

クダゴンベは赤のチェック模様と独自のシルエットが可愛い海水魚です。

頼りない見た目とは裏腹に物怖じしない性格で飼育もしやすいため、初心者でも飼育が可能です。

そんなクダゴンベの飼育に関するあれこれをまとめました。

スポンサー

大きさ

クダコンベを見るカクレクマノミ達クダゴンベは最大10cm程になり、小型水槽でも終生飼育が可能な海水魚です。

販売されているサイズは5cm~8cmのため水槽内のタンクメイトに最適なサイズ感の海水魚です。

性格、混泳について

クダコンベとブラックオセラリス温和な性格でとても混泳しやすい海水魚です。

見た目とは裏腹に臆病な性格ではなく、餌を与える際は率先して飼育者に近づくような図太さを持っています。
普段隠れて出てこないということは無く、あちこちで休みながら過ごしていますため鑑賞にも適した性格を持っています。

また好奇心がある性格をしており、新しい魚を導入した際も新しいタンクメイトを遠くから眺めるような行動をとります

他の魚に興味をもって近づくことはあれど、つついたり追いましたりするようなことはありません。

ブレニー、ギンポとの相性

テールスポットブレニーブレニーやギンポ類は同種同士争う性質を持っていますが、クダゴンベは同種とみなされず追われるようなことはありません。

クダゴンベはブレニーやギンポ類と似たような行動をとりますが、安心してブレニー類と混泳させることができます。

水温に関して

「23度~27度」が快適に過ごせる温度で、一般的な海水魚と同じです。

餌について

粒餌または冷凍ブラインシュリンプ(アダルト)、冷凍ホワイトシュリンプなどを与えて下さい。

1日2回与えれば十分で、しっかり食べているなら1日1回でも良いでしょう。

人工餌の餌付け

クダゴンベへの給餌最初は粒餌を食べてくれないこともありますが、その場合は冷凍ブラインシュリンプ(アダルト)などの冷凍餌を与えてください。

しばらくすると餌を与えようとしただけで寄ってくるので、そのタイミングで粒餌を与えれば食べるようになります。

他にタンクメイトがあれば餌をとられまいと率先するためより餌付けはし易いでしょう。

クダゴンベは食欲旺盛で図太い性格なので比較的餌付けしやすい海水魚です。

病気のかかりやすさ

クダゴンベは病気にかかりにくく、とても丈夫な海水魚です。

サンゴとの相性

スターポリプの上で休むクダコンベクダゴンベはサンゴを食べたり、つついたりすることは全くないため、サンゴとの相性が良い海水魚です。

ただしサンゴの上で休んだりすることがあるため、弱っているサンゴがある場合は注意が必要です。

値段、入手について

クダコンベの体の模様クダゴンベは2,000~4,000円程度で販売されています。
海水魚の中では安価から中間の部類になります。

常にストックはないものの定番の海水魚という位置付けで、定期的に入荷があります。
ショップに何度か足を運んでいると目にすることができるでしょう。

ただし淡水魚の「ついで」に小さく海水魚を取り扱っているところでは入荷されないため、海水魚専門店か大きい熱帯魚ショップをチェックするのが良いでしょう。

総評

クダゴンベは見た目とは裏腹にとても飼育がしやすい海水魚です。

また小さな口からブラインシュリンプなどしか食べないイメージがありますが、人工の粒餌でも率先して食べるので餌についてもあまり気にする必要がありません。
一時的に食べないことを考えて冷凍ブラインシュリンプを用意しておくと良いでしょう。

性格も温和で混泳に向き、また図太い性格をしているため隠れて出てこないということも無く鑑賞面でも飼育に適した性格をしています。

赤いチェックで愛嬌のあるクダゴンベを水槽内のマスコットにお迎えしてみてはいかがでしょうか。

クダコンベ

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

魚や両生類の思い出に

記事ランダムピックアップ

セラミックサンド

砂利・底砂の種類と選び方

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg