水辺を身近に

赤コリドラス(コリドラス・アエネウス)の飼育情報。注意点など

コリドラス・アエネウス(赤コリ)
飼育難易度かんたん
大きさ目安5.5cm
適応水質◎:弱酸性
◎:中性
○:弱アルカリ性
性格温和
遊泳地面を遊泳
群れやすさ△:ちゃんと群れさせるなら60cmぐらいの"空間"が必要
値段の目安300円

スポンサー

主な特徴

水草とコリドラス・アエネウス

コリドラス・アエネウスは最も販売数が多いコリドラスの仲間。

赤っぽいことから「赤コリ」や「赤コリドラス」の名前で売られていることが多く、安くて飼育も簡単なことから熱帯魚ビギナーには不動の人気があります。

特にネオンテトラなど中層の魚をチョイスした時とか、「底が寂しいので安くて丈夫な底を泳ぐやつ」という場合、真っ先にオススメされるのがこの赤コリでしょう。

コリドラス・アエネウス
コリドラス・アエネウス

混泳・性格について

コリドラスと魚たち

温和なコリドラスということもり、他の魚や同コリドラスについてもケンカをしかけることは無くとても混泳に向いた熱帯魚です。

スペースが余りがちな底を泳いでくれるので鑑賞上の棲み分けもしやすいですね。

飼育ポイント・注意点

コリドラス・アエネウス(赤コリ)の正面顔

コリドラス・アエネウスは丈夫な熱帯魚なので、初心者でも飼育しやすいです。

お店によっては底のお掃除屋さんとして売られることもありますが、底に落ちてるエサを食べるだけで掃除は一切しませんので騙されないように・・・。
(むしろコリドラス自身もウンチをするので逆に汚します)

底にエサが残るならそもそもエサのやり過ぎだヨ!!
食べ残すほどエサはあげちゃダメ!!
ロボうぱ

エサについて

エサを食べるコリドラスたちコリドラス用フードを食べるコリドラスたち

中層を遊泳する魚と一緒にしている場合、エサを上げてもコリドラスに行き渡らないことが多いです。

そのような場合は追加で沈下性のフードを与えるか、コリドラス専用のタブレットフードを与えます。

特にコリドラス専用の飼料はふやけながら少しずつ食べれるようになっており、普通の魚からすると奪いにくいためオススメ
(ずっとエサを探し回っているコリドラスに◎)

エサを多めにやっても良いのですが、他の魚が肥満になってしまいがち。他に魚がいる場合はコリドラスフードが好まれます

少し気を付けてほしいのがコケ取りの定番であるヤマトヌマエビは専用フードでもかっさらっていくので注意ポイントです。

コリドラスフードを奪うヤマトヌマエビこんな感じで奪っていく

ダメと言っているのではなく、エサをあげたつもりでも取られて痩せてしまっていることがあるので少し気をつけてほしいトコロ。
(多くの人がヤマトヌマエビ+コリドラスで混泳されています)

いずれにしても他の魚・ヤマトヌマエビと混泳する場合は、日頃から痩せてきてないかは定期的にチェックしてあげましょう。

底床との相性

底に頭を突っ込むコリドラス・アエネウス(赤コリ)

頭の片隅においてほしいポイントとして尖った砂利は避けること。

砂利に口を突っ込む習性があるので、スレ・傷口からバイ菌が侵入して病気になったりしてしまいます。

といっても普通に売られているのは丸かったり削られたりする自然の石由来なので、基本的には大丈夫な場合がほとんどです。
溶岩石の砂利・サンゴ砂とかがNG

あと水草水槽では一般的なソイルとの相性もよくありません

カスタムソイル

口を突っ込んでバコバコ掘りますのでソイルの粒が崩れてしまって、コケが発生しやすくなったりソイルの寿命を縮めてしまいます。

個人的な所感

コリドラス・アエネウス

誰しも最初のコリドラスとして迎えるのが「赤コリ」こと「コリドラス・アエネウス」

安く丈夫なことから最初の熱帯魚としても迎える人が多いド定番。昔から今まで売り場にほぼ必ずいるのも人気の衰えなさが伺えます。

コリドラスの仲間は一度飼ってみると、仕草や行動が好きになり、気づいたらカワイく感じ、他のコリドラスにハマっていく人もしばしば。

次のステップには「コリドラス・ジュリー」、「コリドラス・ステルバイ」、「コリドラス・アドルフォイ」なんかが個人的にはオススメです。(もちろん他にも色々います!!)

学名「aeneus」ですしまさに「A」から始まるコリドラス生活・・・なんちて!!

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!