水辺を身近に

「頂天眼」金魚。大きさや他の金魚との相性、飼育ポイントなど

「頂天眼(ちょうてんがん)」は飛び出した目が上を向いている奇妙な風貌の金魚。

そんな頂天眼について、大きさや特徴、飼育難易度、他の金魚との相性、飼育する上で気をつけるポイントなどを解説しています。

スポンサー

大きさなどの特徴

こちらを向く頂天眼

成長サイズ 15cmほど
飼育難易度 ふつう
入手性 珍しい
1000円~2000円ほど。
泳ぎ おそい

頂天眼は飛び出した目が上を向いているのが最大の特徴で、また背びれも無く尾は短めです。

かなり奇妙な見た目をしており、パッと見は不気味と思われがちな金魚ではありますがよーく見てみると目が合うのでそこが可愛い金魚であります。

金魚の中では小さな部類で大きいものでも15cmほどにしかなりません。

性格・泳ぎ方

おとなしい性格をしており、水底などでジッとしていることが多い金魚です。

金魚は泳ぎ回る性格の子が多いのですが、おとなしめな頂天眼は珍しい性格だと思います。

入手について

複数の硬貨

一般的なショップだと中々入荷が無く、時折入荷する程度です。

欲しい場合は金魚に強いショップを探せば、(サイズはともかく)案外簡単に見つかることも。

バリエーション

白い頂天眼バリエーションは存在するのですが、流通しているのは赤(金)一色である赤頂天眼が大体で、たまーに赤と白の更紗模様のタイプが見かける程度。

三色模様のキャリコ頂天眼や、黒い黒頂天眼もいるのですがショップで見かける機会はあまりありません。

頂天眼自体一般ショップでは珍しいタイプの金魚なのでバリエーションが欲しい場合は、まず金魚に強いショップを見つけましょう。

混泳、他の金魚の相性について

2匹の頂天眼泳ぎが下手なことに加え、おとなしめな性格なのでエサを食べ始めるのが遅くなりがち。

そのため泳ぎの早い金魚がいるとエサにありつけずストレスになってしまうことがあります。

和金などフナ型の体型をした泳ぐのが上手な金魚との相性は良くありません

一緒にいれるなら同じく体型も似ていて泳ぎが下手な蘭鋳(らんちゅう)、水泡眼(水泡眼)などの金魚にすべきでしょう。

桜錦蘭鋳(らんちゅう)
泳ぎが遅く相性が良い◎
金魚すくいの金魚(和金)和金
こういう細い金魚は泳ぎが早く、相性は悪い×

飼育のポイント、難しさ

目がでかい頂天眼奇妙な見た目をしている金魚ですが、飼育自体に難しいところは無く基本さえできていれば飼育可能であります。

ただ飛び出した目は傷つきやすいので、尖った岩やアクセサリーは置かないようにしたほうが良いでしょう。

派生、関連金魚

上から見た水泡眼頂天眼とよく似ている金魚としては「水泡眼」でしょう。

背ビレが無い体型といい目が上を向いてて顔に丸いモノが付いてあるところなど、よく似た金魚です。

こちらも泳ぐのが遅い金魚ですので、一緒に入れて楽しむのも良いでしょう。

詳しく見る:「水泡眼」金魚。大きさや他の金魚との相性、飼育ポイントなど

個人的な所感

頂天眼何ともまあ奇妙な形をした金魚であり、初めて見た人はあまりの奇妙さに「気持ち悪い」と印象づけてしまうことも。

ただよーく見れば愛嬌ある顔をコチラに向けてくれるので、その後「可愛い」に印象がコロッと変わる面白い金魚です。

やっぱりエサやりの時など、上から見た時に目が合うのが頂天眼の魅力

ジーッと見れば見つめてくれるので可愛さに気づくハズです。

また金魚としては小型なのでしっかり終生飼育を考えるなら、大きくできないご家庭の水槽事情にも向いた金魚でありますネ。

関連:金魚図鑑一覧へ戻る

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。

いろんな生き物で培った経験を元にアレコレ書いてます。