アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

「桜錦」金魚。大きさや混泳相性、飼育ポイントなど

桜錦

桜錦(さくらにしき)はらんちゅう型の金魚で透き通る赤と白により薄ピンクっぽいのが特徴の金魚です。

そんな桜錦について、大きさや特徴、飼育難易度、他の金魚との相性、飼育する上で気をつけるポイントなどを解説しています。

スポンサー

大きさなどの特徴

桜錦(さくらにしき)

成長サイズ 15~20cmほど
飼育難易度 ふつう
入手性 たまにみる
800円~2000円ほど。
泳ぎ おそい

桜錦は背ビレがない丸っこい体型をした蘭鋳型の金魚で、光沢感が無い透明鱗と更紗(赤と白)模様が特徴の金魚です。

キャリコ模様の江戸錦を元に作られており、江戸錦から黒・青が無くなるように改良品種されました。

ベースは透明鱗なのですが、ときおり普通鱗が混じりその名の通り、桜の花びらが舞う様を連想させとても綺麗な金魚です。

1996年に正式な品種として登録された金魚の中では比較的新しい種類なのもポイントです。

入手について

シーズン中であればそこそこ入荷があります

金魚を取り扱っているショップに通えば入手すること自体は難しくありません。

もし中々無いようであれば、大きなショップをハシゴするのがオススメです。

飼育のポイント、難しさ

桜錦(さくらにしき)透明鱗ということもあり、弱そうな金魚ですが飼育自体には難しいところはありません。

らんちゅうと全く同じでOK。

排泄量に応じたフィルターの設置、適切な水槽サイズなど、飼育の基本が抑えられているのであれば飼育は簡単です。

そのほか泳ぐのは下手なので強い水流は弱めてあげたいですね。

関連:金魚飼育の始め方!水槽の立ち上げ手順と飼い方について!

混泳、他の金魚との相性について

2匹の桜錦見ての通り泳ぎは下手な部類になるため、泳ぎが早い金魚の中に入れると馴染めずエサにありつけないことも

そのため泳ぎが早い和金やコメットなどのフナ型金魚とは相性が悪く、一緒に入れる金魚は泳ぎが下手な丸い金魚が適しています。

蘭鋳(らんちゅう)や江戸錦(えどにしき)など、同じ体型同士で固めるのが統一感もあって好まれています。

もちろん琉金やオランダ獅子頭なども泳ぎがゆっくりなので混泳には問題無いでしょう。

複数の蘭鋳(らんちゅう)蘭鋳
体型も同じで相性バッチリ◎
金魚すくいの金魚(和金)和金
こういう細い金魚は泳ぎが早く、相性は悪い×

派生、関連金魚

江戸錦(えどにしき)

江戸錦桜錦の元になった金魚が「江戸錦(えどにしき)」。

体型は同じで黒青赤(白)の三色模様の金魚です。

江戸錦の改良過程で、黒が抜けてしまったものに目を付けたのが桜錦の始まりだそうです。

関連:「江戸錦」金魚。大きさや混泳相性、飼育ポイントなど

蘭鋳(らんちゅう)

立派な蘭鋳(らんちゅう)蘭鋳(らんちゅう)」は先述した江戸錦の元になった金魚。

桜錦と比べて、こちらは普通鱗で全て光沢がある鱗なのが特徴です。

詳しく:「蘭鋳」金魚。大きさや他の金魚との相性、飼育ポイントなど

個人的な所感

桜錦新しい種類の金魚なのですが、人気が高く入荷も増えておりかなり伸びてきた金魚だと思います。

金魚といえば名前通り反射する鱗が定番ですが、透明鱗の金魚は透き通っていて印象が優しいのが良いですね。
涼しさも感じさせられます。

通常、透明鱗の金魚は反射する普通鱗が混じっているとダメだと思うのですが、桜錦にいたっては少し混じっている方が桜の花びらがヒラヒラ舞っているように見えるので欠点になりません。
桜錦にいたってはむしろ無い方がダメだと思います。

蘭鋳型は基本的に上見の金魚ですが、桜錦は水槽で鑑賞する方がオススメ。
好きな人は桜錦だけを水槽に集める人もいて、かなりアツい金魚だと思います。

関連:金魚図鑑一覧へ戻る

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

過密気味の水槽

水槽に収納できる魚の数について。考え方と計算の仕方。

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg