水辺を身近に

ネオランプロローグス・ブリチャージの飼育情報。混泳や習性など

ネオランプロローグス・ブリチャージ
飼育難易度かんたん
大きさ目安8~10cmほど
適応水質×:弱酸性
○:中性
◎:弱アルカリ性
性格少し注意
遊泳巣穴周りの底をパトロール
群れやすさ△:本来群れや家族で生活しているがデカいので
値段の目安700~1,500円ほど

スポンサー

主な特徴

ネオランプロローグス・ブリチャージ

ネオランプロローグス・ブリチャージ」は伸長するヒレが特徴のアフリカンシクリッド

学名が”brichardi”なので、時折”ブリシャルディ”とも呼ばれることもあります。

派手な魚が多いマラウィ湖の方ではなく、タンガニーカ湖の方に住んでいてそれらと比べると地味な魚。

成長とともにヒレは伸長してきますが、オスの方は大きくなるとオデコも出てきます。

その他目の後ろにオレンジor黄色の斑点が出るのも特徴でしょうか。

巻き貝シクリッド

ネオランプロローグス・ブリチャージと巻き貝

ネオランプロローグスの仲間は巻き貝を巣穴として夜寝る時のベッドや産卵場所に使用する習性を持つものが多く、ブリチャージもその一種。

本来の生息地ではシェルベッドと呼ばれる巻き貝が多くある環境で過ごしています。

混泳について

アフリカンシクリッドは荒いと言われますが、ブリチャージはアフリカンシクリッドほどの荒さはありません。

性格的にはアピストとかペルヴィカクロミスなどに近く、温和なシクリッドと言えます。

アフリカンシクリッドではありますが、ちゃんと選べば混泳させるのも向いた熱帯魚。

小さい水槽だとシクリッド同士なら難しくなりますが、60cmクラスなどのある程度大きい水槽であれば他のシクリッドとも混泳しやすくなります。

あと本来は群れや家族で過ごすので1匹よりは2匹ぐらいがオススメ。

複数匹も相性が良ければ家族のように仲良く過ごしますが、相性によるとしか言えません(◞‸◟)。

飼育ポイント・注意点

ネオランプロローグス・ブリチャージの正面

基本的にはとても丈夫なのですが、ソイルなどの弱酸性・軟水環境では調子を崩します

石などを中心にしたレイアウトの方が好む水質に保てるのでそのような水槽づくりを心がけると良いでしょう。

あとエサは何でもバクバク食べますし、水温に関しても一般的な熱帯魚と同等で大丈夫です。

水槽サイズ

最低30cmキューブ水槽ぐらいならペアで終生飼育できるレベルと思いますが、丁度良いのは45cm以上ですね。

ある程度大きいほうが魚も伸び伸びしますので、45cmクラスが丁度よいと思います。

巻き貝を入れる

サザエを見つめるネオランプロローグス・ブリチャージ

ブリチャージは巻き貝シクリッドの1種であり、丁度良い大きさの巻き貝を隠れ家、産卵場所として使用します。

なのでサザエなどの大きな巻き貝を入れておくのが良いでしょう。

巻き貝に入る様子はカワイイのもありますし、ストレス軽減にもなるので是非入れてあげるのがオススメです。

個人的な所感

ネオランプロローグス・ブリチャージ

ネオランプロローグス・ブリチャージ」はアフリカンシクリッドでは定番種

今では小型の水草水槽が主流になり、人気と入荷量が落ちちゃいましたが好きな人は多い魚だと思います。

伸長するヒレに目がいきがちですがオスはじっくり育て上げるとオデコが出て更に立派な体格になるので、その点も個人的には好きです。

あと体格は大きいのですが巻き貝シクリッドなので、サザエにスポッと綺麗に入っていくのも面白い魚。

掃除や鑑賞の際「あれ!?どこいった!?」と探せば巻き貝の中にいるなんてことがあったりと中々楽しい熱帯魚です!

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!