アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

2018年4月から始まるガーの規制についてのまとめ

ガー規制のチラシ

2018年4月からガーことガーパイクが特定外来生物に指定されます。

規制される前にガーを飼おうという人は多いと思いますが、飼育設備に基準があったりとハードルがあります。

そこでガー科の規制内容や、求められる飼育設備、留意点などをまとめてみました。

スポンサー

特定外来生物について

釣り上げたブラックバス特定外来生物とは外来生物法で決められている、飼育や譲渡などが制限されている特定の生き物です。

「特定外来生物」とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から指定されます。

引用元:環境省HP > 自然環境局 > 外来生物法 > 「どんな法律なの?」より

要するに生態系や人間に害をなす生物が指定され、危険なカミツキガメヒアリセアカコケグモ、生態系に害があるブラックバスなどが指定されています。

外部リンク:環境省 特定外来生物一覧ページ

特定外来生物になるとどうなるの?

環境省のHPから一部抜粋します。

  • 飼育、栽培、保管及び運搬することが原則禁止
  • 輸入することが原則禁止
  • 野外へ放つ、植える及びまくことが原則禁止
  • 飼養等する許可を持っていない者に対して譲渡し、引渡しなどをすることが禁止(販売することも禁止)
  • 特定外来生物ごとにあらかじめ定められた「特定飼養等施設」内のみでしか飼養等できません

引用元:環境省HP > 自然環境局 > 外来生物法 > 「何が禁止されているの?」より

ようするに特定外来生物は「飼育禁止・逃がすこと禁止・譲渡禁止」ということです。

輸入や販売についても禁止されているので特定外来生物に指定されてしまった場合、ショップで販売されることも無くなります。

※ ただし学術研究、展示、教育、生業の維持等の目的で行う場合については、主務大臣の許可を得ることで飼養等をすることが可能です。

2018年4月からガー科が特定外来生物に指定

ショートノーズガー野外の川や池などに飼育個体が逃されたものと思われるガーが発見されることが度々ありました。

テレビなどのメディアでは危険な生物だと取り上げられ、ガー科は生態系を乱す害悪生物として広く知られることに。

このこともあり環境省は2018年4月よりガー科の生物を特定外来生物に指定することを決定しました。

外部リンク:ガーの規制について環境省が発行しているチラシ

つまり2018年4月以降よりガーは観賞魚業界から完全に姿を消すことになります。

規制されるガーの種類

2匹のスポッテッドガー規制される区分けが「ガー科」および「ガー科の交雑種」ということなので、観賞魚で輸入されることのあるガー全てが特定外来生物になります。

具体的な種類で言えば、スポッテッドガー、アリゲーターガー、マンファリ(キューバンガー)、ショートノーズガー、ロングノーズガー、トロピカル・ジャイアント・ガー(トロジャン)などがあたります。

2018年4月前より飼っている場合は設備+申請で飼育できる

笑顔で職質してくる男性警察官特定外来生物に指定される前より飼育がされていたガーパイクについては特定の飼育基準を満たした設備に加え、申請を行うことで継続して飼育することができます

特定外来生物として規制される前から愛がん(ペット)・観賞目的で飼養等している場合は、規制されてから6ヶ月以内に申請を提出することにより、許可を得られれば、その個体に限り飼養等し続けることができます。

引用元:環境省HP > 自然環境局 > 特定外来生物の飼養・輸入等 > 「飼養等に関する手続き」より抜粋

2018年4月前から飼育していて、飼育を継続する場合は2018年10月以内に申請が必要です。

譲渡などについても禁止されるため飼育を中断する場合は2018年3月までに譲渡するか殺処分することが求められます。
規制されていないからといって逃がすのはマナー違反です

定められた飼育基準とは?

60cmハイタイプの水槽とはいえ飼育さえしていれば何でもOKということではなく、申請のほかに定められた基準を満たす飼育設備が必要です。

ガーの飼育基準が書かれたものは環境省HPのpdf「環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼育等施設の基準の細目等を定める件(平成十七年環境省告示第四十二号) 」に記載があります。
(「シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について 」からリンクされています)

上記pdfの第二条十四(P19)にガー科の要件について定められる予定で(電話で確認しました)、以下のように記載があります。

特定飼養等施設の基準の細目 移動用施設又は水槽型施設等のいずれかであること

引用元:「環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼育等施設の基準の細目等を定める件(平成十七年環境省告示第四十二号)」第二条の十四 より抜粋

水槽型施設、つまり水槽で飼えってことが記載されています。
(移動用施設というのは運搬時のことを指しているみたいです。)

水槽の基準は?

水槽の基準についても同pdfに記載があります。第一条の四にあります。
以下に抜粋しますが、かなり長くて分かりづらいので後で要約を書きます。読み飛ばしてもらっても構いません。

「水槽型施設等」とは、水槽又はこれに類する施設であって、次に掲げる要件を満たすものをいう。

  • 土地その他の不動産に固定されている等容易に移動又は運搬をすることができないものであること。ただし、野外からの隔離することができる室内に常置する場合にあっては、この限りでない。
  • 特定外来生物の体力及び習性に応じた堅牢な構造であり、かつ、振動、転倒、落下等による外部からの衝撃により容易に損壊しないものであること。
  • 個体の出し入れや給餌等に用いる開口部は、ふた、戸等で常時閉じることができるものであること。ただし、条鰭亜綱に属する特定外来生物に係る施設であって、水槽の壁面が十分な高さを有し、特定外来生物が逸出するおそれのない場合又は屋外から隔離できる室内に常置する場合は、この限りでない。
  • 開口部のふた、戸等については、飼育等をする特定外来生物の体の触れない部分に施錠設備が設けられていること。ただし、当該施設を屋外から隔離することができる室内に常置する場合であって、施錠以外の方法で、特定外来生物が逸出できないよう開口部を封印できる場合は、この限りでない。
  • 空気孔又は給排水孔を設ける場合は、その孔が特定外来生物が逸出できない大きさ又は構造であること。
  • 申請者が当該施設を維持管理する権原を有していること。

引用元:「環境大臣が所掌する特定外来生物に係る特定飼育等施設の基準の細目等を定める件(平成十七年環境省告示第四十二号)」第一条の四 より抜粋

要約すると、「アクアリウムで用いられる通常の水槽に加え、飛び出さないようフタで常時閉じることができる設備であればOK」ということです。
聞くところによるとガラス蓋でも良いらしいのですが、重りなどを乗せて飛び出さないようにして下さいとのことでした。

屋外の場合は施錠設備ということをクリアする必要があるので注意が必要です。

水量や大きさなどの水槽サイズは決まっていない

30cm水槽驚いたことにどれくらいの水量であるか、長さはどれくらいかといったものは規定されていないのです。

考え方としては終生飼育ができるかどうかより、現状その個体が飼える飼育設備であること、逃げ出さないことがポイントになっているそうです。

また成長に伴い、水槽を大きくする場合は申請内容の変更が必要であるということも忘れないようにとのことでした。

申請について

現状飼育しているガーの飼育を継続するためには2018年4月から管轄の地方環境事務所へ申請が必要です。

始まった際には「シリアカヒヨドリ等16種類の追加指定について 」の3. 法律上の手続きについて を参考にして申請することになると思います。

まとめ、個人的な所感

ガー規制のチラシガーの規制について箇条書きにまとめます。

  • 2018年4月からガー全てが特定外来生物となり飼育・販売・譲渡などが禁止される
  • 2018年4月前から飼育されているガーについては特定の基準を満たした飼育設備があれば申請すれば飼育を続けられる
  • 飼育設備は鍵のついた家の中ならアクアリウムで使われる水槽加え、飛び出さないようなフタが付いたもので良い
  • 水槽サイズなどの規定は無いが現状その個体が飼える施設であること、脱出しないことが求められる

ガーはその独自のフォルムで肉食魚マニアや古代魚マニアから親しまれた生物です。

2018年4月からは輸入・販売・譲渡が禁止されるので新たに飼育することができなくなります。

このため駆け込みとしてガーの飼育を始める人が多くいるのですが、チラシでは概要しか書いていませんし環境省のHPはどこに書いてあるか見つけづらく・・・。

官公庁の情報ってどこにあるのか分かりづらいよね・・・
ロボうぱ

そもそも今回調べたのは環境省が発行しているチラシに「飼育には定められた飼育基準を満たす必要があります」ってありますが、ガーの大きさって種類によってピンキリで、2mになるものもいますが60cm止まりの種類もいるので飼育基準って何やねんっていう感じでした。

結局環境省に直接聞くことで理解できたのですが、「こりゃ聞かないと分かんねぇだろなぁ・・・」と思ったので今回の記事にまとめました。

4月に飼育の申請をしたいと思うのでその時に申請の様子もまとめようと思っています。

※ 本情報は2018年1月17日時点の情報です。

情報が変わっている可能性を留意した上で、参考にして頂ければ幸いです。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

微生物を覗き込むイメージ図

水槽にバクテリアが繁茂しているか確認する方法

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg