アクアハーミット

水棲生物の「飼いたい」を応援するサイト

熱帯魚の水中ヒーターを選ぶたった2つのポイント!

水槽用ヒーター

熱帯魚やペットショップでは様々なヒーターが売られており、どれを選んだらいいのかが分からないと思います。

しかしながら購入するにあたってはたった2つのポイントしかありません。

今回は熱帯魚のヒーター選びのポイントをできるだけ「簡潔に」お教えします。

スポンサー

1つ目のポイント、ワット数

ヒーターのワット数はどれくらいの熱を出せるかどうかのパワーを表しています。

そのため水槽サイズに合ったパワーを持つヒーターを選んでください

水量サイズとヒーターのワット数の目安は以下の通りです。

ワット数 水量 水槽サイズ
36W 12リットル テトラの縦型 RG-20(20cm×20cm×26cm)
40W 14リットル 金魚のお部屋 Sサイズ(31cm×18.5cm×24.4cm)
80W 27リットル 30cmキューブ水槽(30cm×30cm×30cm)
120W 45リットル 45cm規格水槽(45cm×30cm×30cm)
160W 65リットル 60cm規格水槽(60cm×30cm×30cm)

ヒーターのパッケージに書いてある適合水量も念のため確認すると良いでしょう。

ワット数は高くても問題無い

ワット数は少し大きいものであれば問題ありません。

温度を感知する機構(サーモスタット)の働きにより、一定温度以上になれば電源が切れるからです。

50W必要なところに300Wだと流石にちょっと・・・とは思いますが、100W・150Wくらいなら全然大丈夫です。

2つ目のポイント、温度が設定できるかどうか

ヒーターの温度設定ダイアルヒーターには大きく分けて温度が固定で設定されているものと、任意の温度に設定できるものに分けられます

温度が固定で設定されているものは25度または26度のものがほとんどですので、高水温にしたい場合や逆に低水温に設定したい場合は温度が任意に設定できるものを購入しましょう。

温度が設定できるものはダイアル式でダイアルを回して任意の温度に設定できるようになっています。

温度固定式のものが少し安いため、用途が熱帯魚の飼育の場合はそちらで十分です。

温度設定可能なヒーターが活躍する場面

ウーパールーパーもちろん温度設定可能なヒーターが使いたい場面があります。

金魚を越冬させない場合は26度も不必要で10度程度あれば良いですし、ウーパールーパーなど20度あたりを好む生き物には温度設定が可能なタイプが良いでしょう。

また逆に白点病という熱帯魚の病気を対策する場合、高水温にすることで行う治療方法もありそのような場合も温度設定可能なタイプが活躍します。

通常の熱帯魚飼育であれば温度を設定することはありませんが、値段が高くなるとはいっても500円~1,000円程度の差なので設定できるものを購入しておくというのも悪く無いでしょう。

その他のポイント

上記の2点がヒーターを選ぶポイントの必要最低限で十分です。
2つのポイントを満たしているヒーターならどれでも構いません

上記2点のほか私がヒーターを選ぶ上で考慮している基準をご紹介します。

カバー付きかどうか

ヒーターカバー付きのヒーターウーパールーパーや岩などに横たわる熱帯魚の場合はヒーターにあたって火傷してしまうことがあります。

そのためそういった生物や熱帯魚を飼育する場合はヒーターカバーがついてて火傷しないようになっているかをチェックしています。

形と色

ヒーターはオーバーフロー水槽でもない限り、水槽内に置くことになりますため美観もポイントとしています。

白や黒などありますが個人的には黒の方が目立たなくて気に行っています。

形についても以前までは横向きのタイプしかありませんでしたが最近では縦置きのデザインもあり水槽のレイアウトの邪魔にならないかどうかをポイントとしています。

サーモスタット接続用のヒーターに注意

これでヒーターを選ぶポイントは説明が終わりですが、売り場では「サーモスタット接続用のヒーター」のものも売り場に並んでいて注意が必要なことを説明しておきます。

サーモスタット接続用ヒーター

サーモスタット別売りのヒーターサーモスタットは別売りのヒーターと接続して水温を温める器具で、ヒーターをとっかえて使えるようになっています。

そのため売り場では別売りのヒーターも並んでおり、間違ってこの「サーモスタット用のヒーター単体」のものを購入して単体で水槽内に作動させてしまうと、勝手に切れないためお湯が出来てしまいます。

ヒーター単体のものはサーモスタットが別途必要です。

必ず水槽のヒーターは「温度設定ができるもの」「温度固定式のもの」もしくは「ヒーター単体とそれに接続するサーモスタット」も買うように気を付けてください。

個人的には「サーモスタット+ヒーター」の組み合わせの設備が多いですが、デザインがかっこいいと思ったヒーターがサーモスタット別売りのものだったためです。

ヒーターの機能的だけを言えば温度固定式なのが安くて良いと思いますが、見た目にもこだわりたいですよね。

ヒーター別売りのサーモスタット

ヒーター別売りのサーモスタット
サーモスタットも気にったデザインのものが選べる

まとめ

熱帯魚用のヒーターは売り場で様々なものを見ることができますが、選ぶポイントは「ワット数が足りてるか」、「温度が任意に設定できるか?固定式のものか?」の2点のみです。

その他は自分の好みで選びましょう!
個人的には黒くて邪魔にならなさそうなものをチョイスしています!

LINEで送る
Pocket

関連タグ:

スポンサー

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

スプリンガーズダムセル

スプリンガーズダムセルの飼育について!性格や混泳、値段など。

ABOUT

HN:犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。
一般的な個人の方に限り引用リンク張っていただけるなら画像もどうぞ。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg

アクアリウム入門

マジナータス・ペンシルフィッシュ

初心者に教える!熱帯魚の大まかなタイプ分けとその特徴!

海水魚・サンゴの飼育入門

こちらを向いたデバスズメダイ

パイロットフィッシュとは!?メリットと入れた方が良い例【海水】

スポンサー