アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

アピストグラマ・トリファスキアータの飼育情報。混泳など。

アピストグラマ・トリファスキアータ

アピストグラマ・トリファスキアータの飼育にまつわる各種情報。

大きさや特徴、飼育難易度、混泳のしやすさ、飼育する上で気をつけるポイントなどを解説しています。

スポンサー

大きさなどの基本情報

アピストグラマ・トリファスキアータのオス

最大体長 6cmほど
適応水質 ◎:弱酸性、◯:中性
飼育難易度 ふつう
入手性 熱帯魚専門店でしか入手できない。
ペアで2000円~4000円ほど。
遊泳 下層をあちこち散歩する

アピストグラマ・トリファスキアータは青白いメタリックブルーが非常に美しいドワーフシクリッド。

ドワーフシクリッドの定番アピストグラマで、古くから親しまれている種類です。

隠れられる場所を巣とし、巣を中心にしてパトロールする習性があります。

メスは色が違う

アピストグラマ・トリファスキアータのメスメスはオスと体色が異なり、黄色を主体とした体色になっています。

大きさも一回り小さくなります。

環境によって色が変わる

アピストグラマ・トリファスキアータ周りの環境によって体色が次第に変化します。

明るい環境であれば明るい水色になり、黒めの環境であれば黒ずみます。

飼育の難しさ

水草から出てきたアピストグラマ・トリファスキアータ十分な生物濾過など、基本的な飼育環境ができていないと飼育することは難しいでしょう

逆に言えば基本ができていれば飼うのは簡単です。

何でも食べるのでエサに苦労することはほぼ無いでしょう。

混泳について

アピストグラマとグリーンネオンシクリッドではありますが温和な性格をしているため、多くの熱帯魚と混泳することができます。

ただし同シクリッドは折り合いが悪く、縄張り争いが起こります。

広い水槽(60cm以上)であれば混泳も可能ですが、基本的にほかのシクリッドは入れない方が良いでしょう。

飼育する上で気をつけるポイント

ペアで行動するアピストグラマ・トリファスキアータ弱アルカリ性じゃ調子が優れず、早死してしまいます。

できれば弱酸性の軟水がベストです。

また環境の急変に弱いところがありますので、レイアウトをホイホイ変えたりせず、お迎え時にはしっかり水合わせを行うこともポイント。

雑に扱うとポックリいってしまいます

繁殖について

アピストグラマ・トリファスキアータのオスとメス本種は繁殖も十分狙える種類で、状態良い環境でペアを飼育していればそのうち産卵を行います。

流木の裏など隠れられる場所に産卵しますので、市販の産卵用シェルターや流木などを設置してあげましょう

ペアで子育てする様子が楽しめます。

繁殖を狙っていなくても、隠れ場所があると落ち着くため入れたほうが良いです。

個人的な所感

アピストグラマ・トリファスキアータアピストグラマ・トリファスキアータはメタリックブルーと爽やかなカラーリングが美しい熱帯魚です。

アピストと聞くと気難しいイメージがありますが、トリファスキアータはラミレジィとそこまで変わりません。

繁殖させずに観賞用としてじっくり楽しむのも良いですね。

水槽内をペアでゆっくり散歩しているので眺めてるととてもリラックスできます。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ライブロック

海水水槽のライブロックとは!?機能と量や配置・置き方について!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg