水辺を身近に

ハイグロフィラ・ポリスペルマの育成情報。難しさや砂利など。

ハイグロフィラ・ポリスペルマを水槽で育成するための各種情報。

育成の難しさやポイント、レイアウトの立ち位置など。

スポンサー

ハイグロフィラ・ポリスペルマの基本情報

ハイグロフィラ・ポリスペルマハイグロフィラ・ポリスペルマは大きめの葉がハイグロフィラらしい、昔から親しまれてきた有茎草の水草です。

かなり丈夫な水草と知られ有茎草の中で最も丈夫な部類だと思います。
成長も早いですね。グイグイ伸びます。

また、照明が強いとやや赤っぽくなる特徴があります。

レイアウトでの立ち位置

水草とアルビノのペルヴィカクロミス・プルケールグイグイ上へ伸びるので中景から光景に使われる水草です。

葉が大きいため水草水槽で使用している人は少ないのですが、比較的育ちやすいので初心者や低コストで水槽を仕上げる熟練者に好まれる水草ですね。

落ち着いた渋い色味の魚より、グッピーやプラティなどのホビーチックな派手めな熱帯魚が似合うかな?と思います。

飼育難易度

大磯に植えられた水草先述した通り、かなり丈夫なのである程度の照明があれば簡単に育成することができます。

底床材はソイルが一番なのですが、別に大磯などでもグイグイ伸びます

ただ色味はちょっと白っぽくはなってしまいますね。

CO2も添加したら逆に間延びすると思います。不要ですね。

注意したいポイント

薄い色のハイグロフィラ・ポリスペルマ熱帯魚飼っている環境+照明設備があれば比較的育つので特に気をつけることは・・・無いです。

ただ成長速度が早く、グイグイ伸びるのでトリミングが大変。

言い換えれば初心者のトリミングには良い練習台になります。

まとめ、個人的な所感

ハイグロフィラ・ポリスペルマハイグロフィラ・ポリスペルマ最大の特徴はかなり丈夫なこと。

流石にサンゴ砂はどうかな?と思いますが基本的にどんな砂利でも根を張ってグイグイ伸びます。

始めたての人は水草水槽で使われている水草を真似して購入することとかあると思うんですが、そういう水草ってソイル+二酸化炭素(+経験)が必要なんですよね。

そして当然ながら枯れちゃって水草って難しいって思っちゃて辞めちゃう。
勿体無いと思います。

入門的な水草としてハイグロフィラ・ポリスペルマは非常にオススメで、育ててみると「なんだ簡単じゃん!」って良い気分になります。

切ってまた植えれば簡単に増やせるので、ひと束買うだけでも水槽全部を森にすることも簡単にできちゃいます。

葉が大きいので本格レイアウトには中々採用されないんですが、同じく水草水槽に使われないグッピーやプラティなどのトイチックな熱帯魚には似合う水草です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!