水辺を身近に

ザリガニは共食いする?共食いを防止するポイントや習性など!

ザリガニの共食いについて、習性・生態から共食いする理由を解説。

共食いさせないポイントや複数飼育で気をつけること、などなど。

スポンサー

ザリガニは共食いするイキモノ

ザリガニの共食い

結論から言ってザリガニは共食いするイキモノです。

ザリガニは肉食傾向の強い雑食性で、同じザリガニといえどもエサになりえます。

例えるならカマキリを同じカゴに入れるのと同じだとイメージしてみましょう。

ザリガニの生態

スルメを追って巣穴から出てきたザリガニ群れは持たない

ザリガニは元々単独のテリトリーを持つイキモノで本来1匹で過ごすイキモノ

テリトリーに他ザリガニが入ってきた場合は追い出そうとし、可能であれば食おうとします。

また繁殖においてもオスメスで子育てということはなく、交尾を終えると離れてメス単独で子育てを行います。

オスとメスだから共食いしない、ということも無いのです。

卵を持ったザリガニ(ゴールデンキング)子育てにおいても単独

脱皮のタイミングによる事故

捕獲したアメリカザリガニ

とはいえ大人になったザリガニは硬い甲羅をしていますから、ケンカに負けた程度ではそう簡単に食われなくなるようにもなります。

ケンカにより手足や触覚はとれてしまいがちですが、負けそうになると食われる前に”普通は”逃げます

※小さなザリガニは柔らかいので注意!

ただしザリガニは定期的に脱皮を行う習性があり、大人になったザリガニでも脱皮直後は殻が柔らかく無防備

脱皮し終えたザリガニとても柔らかいタイミング!!

このタイミングで攻撃されるとどうしようもなく、ここが「ザリガニは1匹単独飼育が基本」と言われる理由なのです。

大人ザリガニは硬い甲羅に守られるけど、脱皮直後だけはどうしてもダメ!
ロボうぱ

共食いを防止するポイント

しかしそういったリスクを承知の上で、同じ水槽で複数飼育することもあります。

先述した通り「脱皮直後」に鉢合わせする確率を抑えることにより、共食いリスクを下げることができます。

隠れ家を多くする

脱皮が綺麗に脱げたザリガニ(ドゥプラッチ)

隠れる場所が何もない環境だと、脱皮するとスグに襲われてしまいます。

岩やシェルターなど隠れる場所を多く作ったり、水草を入れて立体的な足場を作ることにより、脱皮したザリガニが見つりにくく共食いを防止しやすくなります。

余裕のある水槽サイズで

60cm水槽

水槽サイズが大きくなればその分だけ鉢合わせしにくくなります。

逆に小さな水槽ではどうしてもバッティングしてしまうので共食いは起こりやすくなりがち。

大人のザリガニなら60cmで2匹ぐらいが目安です。
※あくまで目安!絶対大丈夫なラインは存在しません!

サイズ差を揃える

ザリガニ三連星

大きいザリガニと小さなザリガニを入れると、当然ながら小さい方が簡単に食べられてしまいます。

サイズ差はできるだけ揃えましょう

最低でも一回りぐらい違う程度に抑えるのが限度かなと思います。

複数飼育はリスクありきだヨ!
リスクは考えた上で複数飼育にチャレンジ!
ロボうぱ

おわりに

他のザリガニを食べるザリガニ

ザリガニは生態的に共食いするイキモノ

大人になると防御力がアップして共食いされにくくはなりますが、どうしても脱皮のタイミングだけは柔らかくなってしまうので絶対大丈夫というのがありません。

大きい水槽で飼育したり、隠れ家を多く用意することによってなるだけ防ぐことはできますが、リスクはあります。

お気に入りのザリガニほど単独飼育がベター

個人的には複数同じ水槽に入れるならガッチリした水槽用セパレーターを使って、完全に分けてしまうのが安全でオススメです。

セパレーターとザリガニ水槽タンクセパレーターを使うと・・
水槽セパレーターとザリガニ(フロリダハマー)安全に分けれる・・!!

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!