水辺を身近に

パールグラミーの飼育情報。注意性格や気をつけるポイントなど

パールグラミー
飼育難易度かんたん
大きさ目安10cm
適応水質◎:弱酸性
○:中性
×:弱アルカリ性
性格少し注意
遊泳上層を中心に縦横無尽に泳ぐ
群れやすさ△:群れる性質があることにはある
値段の目安300円~1,000円

スポンサー

主な特徴

水面を吸うパールグラミー

「パールグラミー」は名前の通り輝くパール模様とオレンジのグラデーションが特徴的な美麗アナバス。

グラミーの仲間といえば多くが改良品種ですが本種は原種のまま、確固たる地位を築いてます。

特にオスは各ヒレが伸長しオレンジの発色もより美しく成長しますが、メスも地味ということは一切なく雌雄差をあらかじめ知っていなければ区別がつきません。

パールグラミーのオスオス
メスのパールグラミー分かりやすいメス

小型魚と比べると水槽の主役をはれるサイズにまで成長するので、小さい水槽よりは悠々泳げる大きな水槽が見ごたえがありオススメです。

パールグラミーの綺麗な模様原種の持ち味である美麗なパール模様

混泳・性格

混泳するパールグラミー

基本的に温和な性格をして混泳に向いてますが、オス同士で小競り合いをする性質があることには注意。

適度なサイズ感がありつつ魚食性が「あまり」強くないこと、混泳の幅は非常に広い魚です。

加えて魚は基本的に口に入る魚は食べてしまいますが、本種はサイズの割に口も大きくないので混泳できる選択肢が多く総じて混泳向きです。

ただし水面にいつく小魚(アフリカンランプアイやメダカ類)にはどうも気になるようで、やや相性が悪いところがあります。

オス同士は小競り合いする

オス同士では殺し合わない程度に小さな喧嘩をします。

弱い個体が水草の影まで隠れてしまえば問題なく収まりますが、隠れる場所が少なければ水槽に入れるオスの匹数は1~2匹に制限したほうが無難です。

3匹のパールグラミーたち口がスレた個体

飼育ポイント・注意点

パールグラミーと水面の水草

基本的には強健種であり、熱帯魚が飼育できる環境であれば問題なく飼育が可能です。

あまり強い水流は苦手なので、流されていてゆったりできないようであれば水流をゆるやか~止水になるように工夫してあげましょう。

本種は水質面では適応範囲が広いものの、好みである弱酸性の水(いわゆるこなれた水)で育成すると目に見えて美しい発色に育ちます

急に環境を変えるようなことがなければすぐ死ぬような魚でもないので、ソイルを使ったり色々試行錯誤して綺麗な発色を目指してみのも面白いでしょう。

カスタムソイルソイルは簡単に弱酸性の水を作れるアイテム

エサ

底のエサを食べようとするパールグラミー底のエサもつつく

何でも食べます

口が上向きについてるので乾燥アカムシやフレーク系の資料など浮遊性のある餌が好ましいのですが、底のエサもついばみに行くのであまり気にしなくても良いです

ただ噛む力はそれほどなさそうなので、顆粒状のエサはやや適しません
(それでも全然食べますが)

個人的な所感

こちらを向くパールグラミー

冒頭でも触れたように、原種のままの姿で前線に居続けてるスーパースターです。(忘れられがちですが)

胸ビレ(通称アンテナ)を振りながら泳ぐ姿は「可愛い」の一言。

パールグラミーの正面顔グラミー類ならではのかわいい愛嬌も魅力

より綺麗な姿を見るには飼育者の腕が必要な魚って、結構高価だったり飼育自体難しかったりするんですが、パールグラミーは安くて飼育自体は簡単なのでとっても良い魚だと思います。

長いこと飼ってないなって人も、久しぶりに飼ってみるとハッとさせられることも多いハズですよ!(^^)!

オス・メスの見分け方の補足

市販されているパールグラミーの雌雄を見分ける場合、意外と難しいので補足紹介します。

大きくなってきたら一目瞭然なのですが売り場に売られているような中くらいのサイズの場合、メスでもオレンジ色が綺麗に見えてオスと誤認してしまったり、オスのオレンジ色がまだ強まってなくてメスに見えることがあります。

判別する際は尻ビレのエッジも見ておくとより確実です。

パールグラミーのオスとメス

例えば上の写真だと上がオスで下がメスなんですが、オレンジ色で比べるとこのサイズではどちらも同じくらいです。
(光にあたってるかどうかはおいといて)

しかしながら尻ビレに着目してみると

パールグラミーのオスの尻ビレオスの尻ビレ
パールグラミーのメスの尻ビレメスの尻ビレ

オスの方が尻ビレのエッジがギザギザしているのがよーく見るとうかがえます。

これより小さいと判別が難しいのですが、逆により大きくなればよりギザギザしてより判別は簡単になります。

以上参考でした。

文/パーさん、編集/写真:犬水ジュン

スポンサーリンク

おすすめと関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!