水辺を身近に

金魚に隠れ家はあった方が良い?入らない理由とか

金魚を飼うと隠れる場所を用意してあげたいと思うもの。

しかし金魚にとって隠れ家はあまり好ましいものではありません。

金魚にとっての隠れ家の感じ方、入らない理由、隠れ家の必要性を解説します。

スポンサー

飼育の経験から言うと入らない

立ち上げたばかりの水槽と子ウパ実は金魚に隠れ家を用意してあげても入らないことがほとんどです。

土管や蛸壺、隠れ家となるアイテムは色々売られてはいますが、時折入ることはあるもののしっかり入るようになることはほとんどありません。

入らない隠れ家は掃除がしにくくなるデメリットしか無く、結局は撤去してしまう飼育者が大半だと思います。

ウパみ
入れてみたけど全然入ってくれない・・。どうして!?

金魚が隠れ家に入らない理由

ため池の亀

野生の金魚はいませんのでルーツとなったフナで考えてみると入らない理由が見えてきます。

フナは河川や池に生息しており、岩場の隙間や穴など丁度よい隠れ家となる場所は多くありますが、それらへ一時的に逃げ込むことはあっても入り込むことはほとんどありません。

そういう場所はザリガニやナマズなど小さなフナを食ってまう天敵が多くいるエリアであるためです。

人間心理的にも洞窟など暗くて狭い場所は何かが潜んでいるような気がして怖いもの。

金魚心理的にもそのような場所は苦手なんでしょうね。

アメリカザリガニ

まとめ、個人的な所感

金魚に隠れ家は合ったほうが良い気もしますが「不要」です。

本来そういう隠れ家というのは天敵であるザリガニやナマズなどが隠れている場所ので、金魚にとっては恐怖を感じるものではないかと。

興味本位で時折入ってくれることはあっても居着くようにはならないことが多いでしょうし、ゴミが溜まりやすくなってしまうことを考えたら無いほうが良いでしょう。

金魚を落ち着かせるという目的であれば、水草や人工水草を束にして入れてやるのがオススメですね。

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。

いろんな生き物で培った経験を元にアレコレ書いてます。