アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

金魚と同じ設備で飼える!ウーパールーパーに必要な飼育用品!

立ち上げたばかりの水槽と子ウパ

ウーパールーパーの飼育用品はホームセンターですべて揃えることが可能なほど手軽で、金魚を飼育する設備と同じレベルで飼育が可能です。

ウーパールーパーの飼育に必要な各種飼育用品を紹介・解説し、またウーパールーパーが快適に過ごせるための選び方・考え方にも触れています。

スポンサー

水槽

ウーパールーパーは大人になると20cm程に成長しますが、あまり動き回らないため泳ぎまわれるほどのスペースは必要ありません。

最低横幅が30cmある水槽であれば終生飼育は可能です。小さい頃はより水槽でも飼育が可能ですがすぐに大きくなるため、初めから成長を見越した水槽を用意するのが良いでしょう。

オススメの水槽サイズ

立ち上げたばかりの水槽と子ウパ横45cm×奥行30cm×高さ30cm以上の45cmレギュラー水槽が伸び伸び飼育ができてオススメです。

金魚用の小さい30cm程の水量は10~20L程ですが、こちらの水量は35リットル程ありますのでその分室温の変化や水の汚れにも許容量があり調子が悪くなりにくいメリットがあります。小さい水槽で飼育するとどうしてもウーパールーパーが窮屈に見えてしまいますがこの辺のサイズであれば歩き回ることもできウーパールーパーにとって快適な水槽サイズになります。

更に45cmクラス以上の水槽になると使い勝手の良い上部式フィルターが使えるようになるメリットもあります。

金魚セットの水槽で飼育は厳しい?

金魚飼育セットで飼育されているウーパールーパーよくホームセンター等で30cm程の水槽とエアーポンプが入った金魚飼育セットが手ごろな価格で入手できますが、こちらの水槽でも十分終生飼育は可能です。

しかし小さい水槽は水量が小さいと水もすぐに汚れてしまう他、昼と夜の温度変化を顕著に受けてしまいウーパールーパーが病気になってしまいがちです。余裕があればワンランク上の水槽をオススメします。

置き場所は?

床に置いてしまうと人間が通ったときに振動が伝わりウーパールーパーを驚かせてしまいます。水槽台などを利用して床から離して置きましょう。同様の理由で開閉の多いドアの近くも避けるべきです。

またベランダや窓越しなど日光が当たる場所は水温が急上昇してしまい茹で死んでしまいますので避けて下さい。温度変化のあまり無い涼しい場所が理想です。

濾過装置

水を綺麗にする装置です。極論無くても飼育は可能ですが水を浄化する機能が無いため毎日水替えする必要が出てしまいます。濾過装置があれば環境やモノにもよりますが換水までのスパンを1,2週間に一度に抑えることが出来ます

多くの種類の濾過装置がありますが、ウーパールーパー飼育にオススメの濾過装置をご紹介します。

手ごろな外掛け式フィルター

外掛け式濾過水槽のガラス壁(縁)に掛けるタイプのろ過装置で設置が簡単な上に価格も安いろ過装置になります。

設置や濾過装置の掃除のし易さなど、扱いやすさは濾過装置の中で最も優れています。

デメリットは濾過能力は低めなことです。目安としては最低でも一週間に一度は換水が必要です。

外掛け式の強化版、上部式フィルター

上部式濾過装置水槽上部に設置するタイプの濾過装置で、価格もある程度手頃で濾過能力もある程度高いのが特徴です。

性質は外掛けフィルターと良く似ていて、水槽上部にあるため濾過装置の掃除がしやすいです。その上、外掛け式フィルターより濾過能力が高くそういう意味では外掛け式フィルターの上位濾過装置とも言えます。

濾過能力の目安としては2週間に一度程度の換水頻度に抑えることが出来ます。

デメリットは水槽上部に置くため照明器具が中央に置けないことや、水槽内を掃除する時に邪魔になることです。

濾過能力の高い外部式フィルター

外部式フィルター独立した濾過装置そのものを外部に持つ濾過方式です。水槽には給水パイプと排水パイプを設置して濾過装置と水槽内とで水を循環します。

価格はそれなりにしますが外掛け式や上部式のように装置自体の大きさに制限が無いため濾過能力が高いのが特徴です。濾過能力の目安としては1ヶ月に一度程度の換水頻度に抑えることが出来ます。

デメリットは濾過装置を置く場所が必要なことと設置に手間がかかることです。

カルキ抜き

カルキ抜き水道水には殺菌のためカルキという消毒薬が使われていますが、水道水ではこれが残留しています。

これが水生生物にとっては毒性があり、水道水をそのまま飼育水として使った場合、魚だと簡単に死んでしまいます。勿論ウーパールーパーにとっても毒でありエラや粘液にダメージを与えてしまい、最悪死んでしまいます。

そのため水道水はカルキ抜きを使って無害化する必要があります

固形タイプと液体タイプのものがありますが液体タイプのものが即効性が有りオススメです

水温計

デジタル式水温計水生生物を飼育するうえで外せないのが水温計です。ウーパールーパーは5度~27度程の温度で飼育が可能ですが、急な温度変化があると体調を崩してしまいがちです。そのため、こまめに水温をチェックすることは重要なお世話の一つです。

水銀などを利用したアナログ式と液晶で数値が表示されるデジタル式がありますが、デジタル式のものが見やすいためオススメです。

照明

薄型のLED照明観賞用として飼育するのであれば是非照明を設置しましょう。最近では薄くて使いやすいLEDのものが主流になっています。

ゴールデンカラーのウーパールーパーウーパールーパー専用のペレット状の人工飼料が扱いやすくオススメです。ホームセンターでも入手可能なところが増えてきました。ナマズ用のキャットフードでも代用することができます。

ショップでは冷凍アカムシしか食べていない小さい個体が多く、すぐには人工飼料を食べない場合もあります。大きくなれば人工飼料を食べるようになりますので、食べるようになるまでは冷凍アカムシを与えて下さい。

ウーパールーパーは冷凍アカムシが大好物なため冷凍庫に入れるのを許せるなら1枚購入しておくと良いでしょう。大きくなってからもオヤツ感覚で与えればウーパールーパーは喜びます。

まとめ

飼育設備自体は金魚を飼育するものと変わりません。昔金魚を飼育していた飼育環境で飼うことができます。

安価に揃えようと思う場合は、ホームセンターなどにもよくある「金魚飼育セット」が取っ掛かりとしては非常に安価(1000円~2000円)でスタートできます。

ですが、いけすのように生かすための環境も良くはないため、余裕があればウーパールーパーが快適に過ごせる設備を目指すとより飼育を楽しむことができます。

LINEで送る
Pocket

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

餌を食べに集まった海水魚

水槽に入れれる海水魚の数について!考え方と水槽別のオススメの匹数!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg