アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

ラスボラ・ヘテロモルファの飼育情報。混泳や飼育のポイントなど

ラスボラ・ヘテロモルファ

ラスボラ・ヘテロモルファの飼育にまつわる各種情報。

大きさや特徴、飼育難易度、混泳のしやすさ、飼育する上で気をつけるポイントなどを解説しています。

スポンサー

大きさなどの基本情報

ラスボラ・ヘテロモルファ

最大体長 3cmほど
適応水質 ◎:弱酸性、◯:中性
飼育難易度 かんたん
入手性 安くて手頃(100円~200円)

ラスボラ・ヘテロモルファは最大3cmほどのコイ科の熱帯魚です。

体色はオレンジをベースに紺色の三角形のような模様が入ります。

ネオンテトラのような派手さはありませんが、古くから親しまれている熱帯魚で好きな人は少なくありません。

適した環境で維持しているとオスはオレンジの赤味が強くなり、より一層綺麗になります。

群れる性質が強い

ラスボラ・ヘテロモルファの群れ本種は群れる性質があり、複数匹入れるとある程度固まって泳ぐ姿を楽しめます。

飼育の難しさ

非常に丈夫で初心者も簡単に飼うことができる熱帯魚です。

ネオンテトラよりも体力があるため、より失敗は少ないでしょう。

混泳について

熱帯魚の群れ非常に温和なのでどの魚とも組み合わせることができます

混泳に苦労することはないでしょう。

体高があるため小型ながらエンゼルフィッシュなどに食べられてしまわないのも良いですね。

飼育する上で気をつけるポイント

赤みの強いラスボラ・ヘテロモルファ非常にタフでおとなしい熱帯魚なので飼育する上で気をつけるポイントはありません。

強いていうなら飼い込まないと体色の濃いオレンジが見られないので、導入してすぐよりかは飼い込んでこそ楽しめる熱帯魚ですね。

個人的な所感

ラスボラ・ヘテロモルファラスボラ・ヘテロモルファはカラシンと人気を2分するコイ科で最もポピュラーな熱帯魚。

ネオンテトラなどとどっちを入れようか比べられることが多い定番種。

個人的な推しポイントは群れる性質が強いこと。

ネオンテトラだとそのうちちりちりになってイマイチ群れないんですよね。

コイ科の仲間は群れる性質が強いので、まとまって泳がせたいのならラスボラ・ヘテロモルファが是非オススメですヨ。

あと長年飼育していますが、ネオンテトラの方が大きくなりますね。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

ブロンズパファーの給餌

熱帯魚の餌やりのタイミングと適切な量

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り。 数々の生き物、というか主にサンゴ飼育で培った経験を元にアレコレ書いてます。

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg