水辺を身近に

木の巣穴の苔テラリウム。ツノガエルのためのテラリウム制作ノート!

ツノガエルのための苔テラリウムの作り方!

「苔に囲まれた木の巣穴」というシンプルながら雰囲気あるレイアウトで、ツノガエルとも相性バッチリ。

簡単に作れるので是非参考にして作ってみて下さい。

スポンサー

完成したテラリウムのフォトギャラリー

木の巣穴のテラリウム

テラリウムとクロトン

テラリウムとネフロレピス

巣穴から顔を出すアマゾンツノガエル

アマゾンツノガエルをテラリウムで飼っているのですが、大きくなってきたのでそのお引越し用に作ったテラリウムです。

以前作ったのが思ったより巣穴が狭かったので、コンセプトとして中央に陣取れるような大きな巣穴を作ろうというのが第一で、あとはシンプルに、を目指して制作しました。

あまり考えずこういった地形+コケだけのシンプル構成はツノガエルにとっても相性が良いですね。
(しかも苔を敷くだけで見栄えもバッチリ)

作成に必要なアイテム

テラリウム制作に必要なモノ

まず主に使う用品は以下の通りで、順に説明していきますね。

  • 飼育ケージ
  • 巣穴の入り口用の木
  • 造形材
  • 軽石
  • ソイル
  • 苔・観葉植物

飼育ケージ

エキゾテラのグラステラリウム

今回ケージとして使うのは毎度おなじみの「グラステラリウム ナノキューブ」。

ガラス水槽やプラケでも良いのですが、フンや暴れて剥がれたコケの再セットなどを考えると前面がフルオープンするタイプのケージの方がかなりオススメ。

私も「プラケだと数百円で買えるのに高っ!」と思ってたのですが、今はこれ何個も持っています。(=゚ω゚)ノ

グラステラリウム、前面がフルオープンしてメンテナンスしやすいメンテナンスがしやすい
グラステラリウムの背面デコレーションを取り外している様子背面ボードは除去

関連「グラステラリウム ナノキューブ」レビュー!使い勝手など!

巣穴の入り口用の木

テラリウムの素材、木の破片

今回巣穴の入り口として園芸用の「バージンコルク」を使っています。

別にコルクじゃなくても「流木」や熱帯魚用の「岩」などでもOKです。

造形材

極床「造形君」

地形を作るために使うのが「造形材」です。

造形材というと「本格的過ぎ!!」と思いますが、コケ玉作るような粘土みたいな土で「ケト土」と言った方が良いかもしれません。

造形材は色々売ってますが、「ピクタの造形君」が色々使った中で一番良かったので個人的にはそれがオススメ。

今回造形君は丁度4L使用しましたが、より盛りがちにするなら+α小さいのを飼っておくのが良いと思います。

軽石

ハイドロコーン

ケージ底に敷いて通気性・通水性を確保するために「軽石」を使います。

大きさが丁度良ければ割となんでも良いです。

本レイアウトではハイドロテラリウム用の「ハイドロコーン 中粒」を1L近く使っています。

ソイル

フロッグソイル

ソイル」は水草育成用の土です。

ある程度の硬さで焼き固められた粒で、軽石の上から敷くことにより「通気性のアップ」かつ「植物の栄養源」かつ「排泄物毒素の吸着」を行うことができます。

本レイアウトでは「フロッグソイル」を使っていますが、メーカーは何でも良いです。(1kgで余裕で足ります)

ただしパウダータイプなどの細い粒だと軽石の間にスポスポ入っていきますので、普通粒または大粒タイプを選ぶようにしましょう。

苔・観葉植物

オキナ苔のコケアソート

全体に敷き詰める苔として「ホソバオキナゴケ」または「アラハシラガゴケ」をある程度用意します。

どちらもシラガゴケ科のコケでしっかりしているため、カエルに踏まれがちなアンダーカバーには相性の良い苔たちです。
※ヤマゴケアソートとして売られていたパックを使っています。

あとはお好みで植える観葉植物を用意しておくと良いでしょう。

ネフロレピスホームセンターや園芸店で数百円ほど
その他あったら良いものとかは作成手順で紹介していくネ!
ロボうぱ

作成手順

軽石を敷く

テラリウム製作中、ケージに軽石を入れている様子

まず軽石を2cmばかり敷きます

ハイドロコーンは使う前に軽く洗う必要があるので予め水で通しておきます。

目安は2cmぐらいですが浅すぎても通気性が落ちますが、かといって深くすると上にソイル・造形君・苔が敷けなくなるのでほどほどに。

軽石を敷き終わったらソイルを敷きますがこの時、園芸用の鉢底マットを敷くとより混ざりにくくなり、より通気性がアップします。
(あとリセット時も少し楽)

テラリウム製作中、鉢底ネットをカット鉢底ネット
テラリウム製作中、鉢底ネットによるセパレート効果こんな感じにセパレートできる

ただ別に敷かなくてもOK。

私は綺麗にセパレートできるので最近は使っていますが、敷かずに作ってるテラリウムも多くあります(=゚ω゚)ノ

軽石の間に入ってしまうのが嫌な人は敷くと良いですね。

ソイルを敷く

ハイドロコーンの上からソイルを水槽に敷いた様子

次にソイルを敷いていきます。

ソイルも軽石と同様、敷きすぎると造形剤を盛れなくなってしまうのでほどほどに

ケージ手前に通気用のスリットがあるので少なくともソレ以下にする必要があります。
(この後造形材とコケも敷くよ!)

造形君でソイルをカバー

水と混ぜ使える状態にした造形君

次に造形剤をソイルの上から敷いていきます。

造形材はバケツなどに入れ水と混ぜて使える状態にしてから使います。

水は入れすぎても手で絞って調整できるので適当でも構いません。

あと手洗い用の水入れを用意していくと作業の際に便利です。

造形君をのせていっている様子後は上からギュギュッっと押し広げてやります
軽石、ソイル、造形材を敷き終わった。(テラリウム制作中)こんな感じで!

素材を置いておおまかな構図を決める

造形剤を敷き終わったら巣穴の入り口をイメージしつつ、素材を置いて全体の構図を考えます

バージンコルクはサイズにもよりますが手で割れるので、大きいなら割ったほうが使いやすいですね。

製作中のテラリウムこれにしようかなぁ
テラリウムの構図づくりスペース広くするならこうかな!?

造形君で地形を作る

巣穴をどこにするかなど全体のイメージが決まったら、そのイメージを元に造形剤を盛ります。

後ろから盛っていて最後に巣穴部分をくり抜くと良いです。

カエルが床を掘れないように巣穴の床部分はギュッっと押し固めてやりましょう。

造形材を盛っている製作中のテラリウムできたー

観葉植物

後は「植物→苔」の順で植えるのみ!

植物を植える際は植えたい場所に穴を開けて、その中にはめ込んで土で抑えるようにするとやりやすいと思います。

観葉植物側の土は適当に落としておきましょう。

また上側に植える際は栄養源であるソイルに到達するまでかなり時間がかかっちゃうので、深く掘って穴の中にソイルも入れておくと植物の立ち上がりが早くなります。

深く穴を掘ってソイルを入れる
テラリウム製作中の様子、植物をカット穴に挿して邪魔な葉はカット

ちなみに今回使った観葉植物は「ネフロレピス(タマシダ)」と「クロトン」で、いずれもホームセンターで200円ほどで調達した安いやつです。

コケを敷き詰める

植物を植え終わったら後はコケを敷き詰めればOK。

ギュッと押し固めてやれば多少は掘り返されにくくなりますね。
(アラハシラガゴケ、ホソバオキナゴケは丈夫なので多少雑に扱ってもOK)

コケを敷き詰め中のテラリウム製作中・・・ギュッと押し固めても大丈夫
コケを敷き詰め終わったテラリウム終わったー

完成!

あとは観賞用かつ植物育成用のライトを取り付けて完成です!

ライトは無くても日当たりの良い場所に置いてもよいのですが、そういう場所は温度が高くなってしまう場合も多く、ツノガエルやコケには負担になってしまいがち。

置く場所も限られてしまいますし、通常は熱帯魚用のライトを設置するのが一般的です。

ちなみに使用しているライトは「コトブキのフラットLED300」。

そこそこの光量と光の成分がそこそこ良いのでオススメのテラリウムライトです。

関連テラリウムで使う照明について!選び方やオススメなど!

乾くと地形が固まるので数日放置してからカエルを入れてネ!
ロボうぱ

手入れ・メンテナンス

苔を綺麗に保つためには「毎日の霧吹き」が欠かせません。

コケの葉に水の飛沫ついている状態を常に保つのが理想ですが、流石に張り付けるワケではないので朝晩2回程度行うと良いでしょう。

「一度に多く」、ではなく「一度は少なく回数多くがポイント」。

1日に行う霧吹きの回数が多いほどコケは美しく育つと考えた方が良いですね。

通水性の良いソイルと軽石を使っているので、水の与え過ぎで観葉植物が根腐れすることは無いのですが、軽石に水が溜まっていくようでしたら与えすぎ。

軽石部分に水が貯まるか貯まらない程度が目安です。

逆に造形材が乾いてパサパサになるようでしたら水の総量が少ない、ということになります。

関連苔を綺麗に保つための苔テラリウム管理方法【お手入れ・メンテナンス】

おわりに、個人的な反省とか

アマゾンツノガエルのいるテラリウム

今回のレイアウトは「コルクor流木」+「コケ」というシンプル構成ながら、かなりそれっぽいレイアウトを作れました。

手前のサイドに観葉植物植えてみましたが正直無いほうが良いかも?と思うくらい。

木で巣穴の入り口を作りつつ造形材で地形を作ってあとはコケを敷き詰める、これだけでバッチリレイアウトの完成です。

更にウンチする場所(巣穴)に成長の早い植物の根っこがくるように作ればバッチリだったんですが、このレイアウトじゃ難しかったので諦めました。

浄化作用を考えるならフィカスやペペロミアなどのグイグイ育つ植物がオススメ。
(私の趣味でド派手なクロトンです(^ω^ ))

テラリウムは見栄えの良いレイアウトを作るのが難しいように思いますが、意外と簡単なので是非チャレンジしてみて下さい!

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

  1. 通りすがりのアクア2018年11月1日 20:21

    はじめまして、こちらのサイトの複数の記事を参考に苔テラリウムでツノガエル飼育を始めたのですが
    テラリウム内の温度がなかなか上がらず温度管理で苦戦しています、パネルヒーターを下に敷くだけでは不十分なんでしょうか?
    また霧吹きは汲み置きや薬品でカルキ抜きをした水のほうがいいんでしょうか?

  2. 犬水ジュン2018年11月1日 21:39

    >1
    どーなんでしょう・・・。
    うちでは室内暖房で乗り切っています(=゚ω゚)ノ。

    カルキ抜きに関しては(陸上テラリウムの場合は)しなくて構わないと思います。
    ただし水が流れるテラリウムの場合はろ過細菌に良くない可能性が高いので、カルキ入りの水は避けたほうが良いですね。

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!