水辺を身近に

ミナミヌマエビの飼育情報。食べるコケや飼育のポイントとか

ミナミヌマエビはコケ取りや掃除屋さんとして人気のある小さなエビです。

水槽内でも増やしやすく水草水槽でも活躍します。

そんなミナミヌマエビについて混泳、飼育のポイントや食べるコケの種類、繁殖のコツなどを解説していきます。

スポンサー

大きさや性格などの基本情報

水草に隠れる2匹のミナミヌマエビミナミヌマエビは最大体長2cmほどの小さなエビです。

日本にも生息しているため寒い地方を除き、冬でもヒーターで加温する必要がありません。

草食性よりの雑食性でエサの他に魚のフンや小さな微生物、コケなどを食べています。

コケを食べる性質があるため、水槽ではコケ取りとして知られています。

エサについて

水草水槽の場合はエサとなる微生物たちが多く、コケも生えてくるため特に与える必要はありません

簡素な水槽の場合でコケが生えていない場合は魚のエサやエビの餌を与えると良いでしょう。

与えるエサは必ずしもエビ用のエサである必要は無く、金魚のエサやザリガニのエサなど沈下性のものであれば何でも食べます

水温について

デジタル式水温計目安としては10度~27度が理想です。

寒冷地を除いて冬場は無加温でも飼育でき、氷が張らない程度なら大丈夫です。
(そもそも日本にも生息しているものがいますので・・)

ただし夏場は厳しい施設。

30度程度なら維持可能ですが、それを超えると湯でエビになってしまうことも。

食べるコケの種類

ヘアーグラスに付くフサフサしたコケ短いフサフサしたコケ

ミナミヌマエビが食べるコケは「茶苔」、「モワッとしたコケ(アオミドロ)」、「短いフサフサしたコケ」です。

それらは水槽で生えやすいコケたちで、ミナミヌマエビを入れると効果があります。

黒いフサフサしたコケが生えた水草たちミナミヌマエビを入れる前の状態
ブラックモーリーにより藍藻が取り除かれたミナミヌマエビによって綺麗になった

逆に食べないのは「ベッタリとつく藍藻(シアノバクテリア)」、「黒髭状のコケ」、「緑の斑点状のコケ」です。

他に食べるモノが無ければ藍藻・黒髭も食べることがありますが、期待は出来ません。
それらが生えても大抵微生物やソイルから出る成分を食べてます。

茶苔:◯ →MORE
アオミドロ:◯
フサフサしたコケ:△ →MORE
藍藻:× →MORE
黒髭:△ →MORE
緑斑点状ゴケ:× →MORE

またヤマトヌマエビより水草を食害する可能性が低いので、ロタラやブリクサなどが植えられている場合ではミナミヌマエビのほうがオススメです。

混泳、他の魚との組み合わせ

グリーンネオンミナミヌマエビは魚を襲って食べてしまうことは無いためどのような魚とでもケンカすることはありません

ただ魚のほうがエビを食べてしまうことがあるので、口が小さくエビを襲いにくいメダカやテトラの仲間が混泳には向いています。

逆に金魚やシクリッド、フグなどのエビが好物な魚は探し回ってミナミヌマエビを食べてしまうので混泳には適していません

ブルーエンゼルシクリッドであるエンゼルフィッシュもエビが好物
アベニーパファーアベニーパファー
小さなフグにも食べられてしまう

ただし、生まれたての稚エビはどのような魚でも食べてしまうので、小さな魚と一緒にする場合でも隠れ家を設置したりして避難場所を作ってあげると良いでしょう。

飼育のポイント

3匹のミナミヌマエビミナミヌマエビは丈夫なエビではありますが、始めてだと失敗することも。

飼育に関して抑えておくポイントを解説していきます。

導入時は慎重に

袋のまま水槽に浮かんでいる様子ミナミヌマエビは魚と比べて体力が無いので導入時の運搬と環境が変わったことによる体力低下で死んでしまうことがあります。

ミナミヌマエビを購入したらできるだけショックを与えないように直帰します。

輸送時間が長ければ長いほど導入時に死んでしまうエビを減らすことができます。

水槽へ入れる際も必ず水合わせ を行って、ショックを緩和することが必要です。

要するに30分袋のまま水へ浮かべた後、袋の水1/3と飼育水を入れ換えて30分待つ作業を何度か繰り返して導入します

こうすることで急な環境の変化による体力の消耗を防ぐのです。

とはいえ体力が少ない生き物なのでどんなに頑張っても全体のうち一部が死んじゃうこともあります。

高水温を避ける

31.2度を示す水槽用クーラー付属の水温計ミナミヌマエビは低水温には強いのですが高水温には弱い生き物。

特に夏場は30度を超えることがありエビには厳しい季節です。

30度ぐらいなら未だマシなのですが、それを超えると赤くなり完全に茹でエビとなってしまいます。

水槽用の冷却ファンや部屋のクーラーを利用して30度を超えないようにするのが飼育のコツです。

そのほか高水温時はエアーレーションを行って少しでも水中が過ごしやすい環境にするのも効果的です。

水草についている農薬に注意

トレーの上に置かれたクリプトコリネとピンセットまたエビは薬に弱いという性質があります。

市販されている水草には農薬が僅かながら残っている場合があり、魚には害は無くともエビは死んでしまうほどの毒性があります。

特にPOT売りや束売されている安い水草は要注意
農薬を使っているため安く育てられるという背景があります。

水草を導入する際は必ず無農薬と謳った水草や培養カップに入った水草を使いましょう

組織培養水草(ロタラ・ナンセアン)組織培養の水草なら安全

もちろん農薬のみならず、魚用の治療薬にも弱いので注意が必要です。

繁殖について

2匹のミナミヌマエビミナミヌマエビはヤマトヌマエビと違い、水槽内で簡単に増やせるエビです。

卵は大きく生まれた稚エビもそれなりのサイズがありますので、エビに適した環境を維持することで勝手に増えていきます

水草を多く繁茂させる

水草にいたミナミヌマエビミナミヌマエビを増やすためのポイントとして水草が多く茂っている環境であればとても増えやすくなります。

水草が多いと隠れ家が多くなるというのもありますが、稚エビのエサとなる小さな微生物が湧きやすく殖えるのに適した環境になるのです。

ソイルのほうが増えやすい

ソイルを掃除するミナミヌマエビソイルについた微生物を食べている様子

ソイルは栄養が多くてコケが生えやすいのですが、それはエビにとって食べるものに困らないという環境です。

富栄養環境になりやすいソイルは小さな微生物も増えやすく、尚更エビに適した環境を作ることができます。

エビに適した水質にする作用もあり、エビに特化したソイルもあるほど。

まとめ、個人的な所感

流木の上にいるミナミヌマエビミナミヌマエビはヤマトヌマエビと並んでとても親しまれている生物です。

エビというと気弱なイメージがありますが一度水槽に馴染めばあまり心配することは無く、正しい環境で飼えば物怖じする必要はありません。
いつの間にか水槽で増えた小さなエビが見つかります。

またミナミヌマエビの仲間であるカラフルなエビも売られており、飼い方については全く同じです。
(レッド、イエロー、ブルーなどのチェリーシュリンプとか)

是非飼育・繁殖にチャレンジしてみて下さい。

関連記事:水槽に生えるコケ一覧とその除去・対策方法【総集編】

スポンサーリンク

関連記事

同じカテゴリーの記事

コメント

投稿いただいたコメントは本サイト及び関連メディア等で掲載される場合があります。あらかじめご了承下さい。またスパム対応のためすぐには反映されません。

全カテゴリー

書いてる人

犬水ジュン

自然派インドア。

いろんな生き物で培った実経験を元にアレコレ書いてます。

ネット上によくある「飼育素人のプロライターがネット上の情報を集めてそれっぽく書いた記事」ではなく、実経験を元にした記事がウリです。

ヨロシクネ!!