アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

濾過装置の種類と選び方

外部式フィルター

濾過装置及びフィルターは様々なタイプがあります。

飼育スタイルや環境によって適する濾過と適さない濾過があり、自分に合った濾過装置を選択したいところです。

アクアリウムで用いられる濾過の種類とそれぞれの特徴を説明致します。

初心者にオススメの濾過装置もご紹介します。

スポンサー

上部式フィルター

上部式濾過装置水槽上部に設置するタイプの濾過装置を上部式濾過と呼びます。

ポンプで水をくみ上げ濾過層に水を通し、濾過された水が水槽内に戻ります。

メンテナンスがし易いのと濾材を入れる容量も大きいため濾過能力がそこそこあるのが特徴です。

また反面二酸化炭素を逃がしてしまうため水草の育成には不向きです。

上部式濾過の構造

メリット

濾過容量が大きい

水槽上部に大きなBOXを置きますので濾材容量が多く、結果濾過能力が高くなります。

メンテナンスがし易い

濾過装置内は密閉されていないため、すぐに蓋を開けて濾材を交換及びメンテナンスが可能です。

エアーレーション効果がある

濾過装置内では空気を取り込む構造になっているためエアーレーション効果があります。溶存酸素量を増やすことができます。

デメリット

水槽上部を覆ってしまう

濾過装置を設置した箇所が覆われてしまうため光が遮られ暗くなってしまいます。見た目的にも良くありませんが、光合成を行う水草にも適しておりません。

二酸化炭素を逃がしてしまう

エアーレーション効果がありますが、半面エアーレーションにより水草の光合成に必要な二酸化炭素を逃してしまいます。水草育成には不向きと言えます。

総評

フロントーサ

大型魚の飼育に向いています。

何より濾過装置自体大きいため濾過能力が高いのがオススメポイントで、エアーレーション効果もあるため魚中心であれば強力な濾過装置です。

特に大型魚、肉食魚の飼育に関しては、魚中心で且つ汚れやすく濾過装置のメンテナンスが多いため相性が抜群です。

丈夫な水草のみしか育成を行わず、美観が多少気にならないならオススメしたい濾過方式です。

底面式フィルター

底砂の下に濾過装置を設置し、砂利そのものを濾材にしてしまう濾過方式です。

モーターやエアーレーションの力により底砂を通り濾過された水を水槽内に排出します。

底面式濾過装置の楮

メリット

濾過能力が高い

砂利の容量が濾材になりますので濾過容量が高く、濾過する力があります。砂利を多孔質なものに変えればより濾過能力を底上げすることが可能です。

水槽内に濾過装置が収まる

水槽内に濾過装置が収まりますので、水槽回りがスッキリします。箱単体で完結するため置き場所に困らず、部屋自体のレイアウトにも合いやすいです。

二酸化炭素を逃さないorエアーレーションが行える

モーターで水を循環させるタイプは二酸化炭素を逃さない構造になっていますので水草の光合成の邪魔をしません。

逆にエアーレーションで循環を行うタイプは水草には適していませんが魚には適しています。

デメリット

底砂を厚く敷く必要がある

仕組み上、底砂を敷く必要があり最低5cmぐらいの厚みは必須になります。更に水草を植える場合はより厚みが必要になります。

厚みがあればあるほど濾過能力は高くなりますが、その分魚の遊泳スペースは狭くなり美観も損ねてしまいます。

底砂にゴミが溜まる

底砂がゴミ取りの役割をしますのでゴミが底に溜まってしまいます。換水に加えて底砂のメンテナンスをしっかり行うことが求められます。

底棲のコリドラス類やシクリッド類は砂をほじくり返すのでゴミが舞ってしまい相性が悪く、底モノの飼育には向いていません。

目詰まりが起きた時の対処が大変

万が一フィルターが詰まってしまった場合は水槽のリセットしかありません。せっかく頑張ってレイアウトした水景も崩す他無くなります。

特に細かい底砂を使っていた場合は詰まりすいです。

ソイルとの相性は良くない

水草と相性の良い底砂であるソイルは粒が柔らかく、また使用に伴い粒が崩れてきますので底砂式とは相性が良くありません。

崩れた粒は濾過装置に吸われ水中に舞ってしまうか最悪目詰まりの原因になってしまいます。

※ソイルにも粒が崩れにくい加工がしてあるものがありますが、そちらは問題ありません。

総評

濾過能力の高さと水槽回りがスッキリするのが底面式です。

底砂の選択に気を使う必要がありますが、底砂を多孔質であるセラミック系や濾過能力の高さを謳った底砂にすることでより一層の濾過能力強化を図れます。

何より水槽周りがスッキリしますのでインテリアなどにも適しており、隠れた愛好家も多い濾過方式です。

水中式フィルター

水槽内に設置するタイプのフィルターです。

いろんな形がありますが水中に設置するのはすべてこのタイプです。また金魚の水槽で良く見るような投げ込み式フィルターもこのタイプに属します。

投げ込み式フィルターの構造

投げ込み式フィルターの構造

メリット

取り回しが楽

基本的に小さな濾過装置ですので簡単に設置することが出来ます。第2のフィルターとして補助的に使うことにもよく用いられます。

デメリット

水槽内に設置が必要

水槽内に設置する必要があるため美観を損ねてしまいます。

濾過能力が低い

小さいので濾過容量が少なく濾過能力は低いです。

総評

濾過能力が低いため魚を複数飼育したい場合には向かない濾過装置になりますが、30cm水槽で1,2匹を飼い込む場合など魚数を抑えた水槽にはオススメです。

また取り回しがし易いのでサブフィルターとしても良いでしょう。投げ込みフィルターはエアーレーションのついでに濾過の補助が出来ると考えればお得感があります。

外部式フィルター

外部式フィルター濾過装置を完全に水槽外に置いた箱型の濾過装置です。箱型の濾過装置を水槽外部に置くため外部式と呼ばれます。濾過装置らしい濾過装置だと思います。

水槽の水をホースで吸い出し濾過装置で濾過したのち、ホースで濾過された水を水槽内に排出するとったシステムになります。

大きな箱に濾材を入れますので濾過容量もさることながら様々な濾材を選んで入れることが可能です。

外部式フィルターの構造

メリット

濾過能力が高い

外部に濾過装置及び濾過層があるため濾過容量が大きいものが多いです。

複数の濾材を組み合わせやすい

濾過容量が大きいことに加え、外部式フィルターは複数の濾材を組み合わせて使用できるように多段コンテナ構成になっていることが一般的です。

コンテナごとに濾材を切り替えることができ、例えば1段目はスポンジ、2段目はリング濾材、3段目は活性炭といった具合にすることが可能になります。

水草水槽に適している

空気とは触れない密封型のため二酸化炭素を逃しません。水草の育成に好都合だと言えます。

水量が増える

外部に水を収容できる箇所が増えるため、水量を増やすことが出来ます。大きい外部式フィルターでは10リットル以上増やすことが可能です。

デメリット

外部に設置スペースが必要

外部に大きな装置を置くタイプになりますので取り回しが良くありません。水槽とは別に濾過装置を置くスペースが必要になってしまいます。

少し高価

他の濾過装置と比べると高価な部類になります。水中式の投げ込みフィルターが1,000円程なのに対し、こちらは5,000円~20,000円と割高になります。

総評

水槽台の内部

水槽台は外部式濾過が収納できるものも

濾過容量が多く濾材の幅が広がるため、中級者の間では最も馴染みのある方式だと思います。

また専用の水槽台には外部式フィルターが設置できるようにデザインされているものが多く、水槽台と合わせてスッキリ設置することが出来ます。

濾過能力が多く設置場所があれば是非ともオススメしたい濾過装置にです。

外掛け式フィルター

壁掛式濾過水槽の壁面およびフチに掛けて使用するタイプのフィルターです。

壁にかけるため取り回しがしやすく、手入れもしやすいのが特徴です。

外掛け式濾過装置の構造

メリット

取り回しがしやすい

壁にかけて使用するタイプのため設置や取り外しが簡単です。サブフィルターとしても設置が簡単で適しています。

メンテナンスが楽

上部式と同じく蓋を開けて濾材を交換するだけでいいのでメンテナンスが楽です。

デメリット

濾過能力が低い

壁に掛けるタイプですので容量に限界があり濾過容量が少なくなります。

専用の濾材しか使えない

企画が統一されいないため同一メーカーの専用濾材しか使用できません。メーカー専用以外の濾材ではスポンジの大きさが合わず、自分好みの濾材を使えないという欠点があります。

総評

何より非常に取り回しがし易く、最も設置とメンテナンスが簡単な濾過装置です。半面濾過容量が少ないのが欠点です。

またメーカー専用の濾材しか使えないということに注意しましょう。

取り回しを活かしてサブフィルターにも向いています。

オーバーフロー

水槽自体を濾過装置とした方式です。

メインの水槽の下に濾過「水槽」を設置し、一定水量を下回るまでは濾過水槽内に水が流れます。その濾過水槽内にはふんだんに濾過材が入っており、濾過された水をメイン水槽に戻す仕組みです。

上級者また資金に余裕がある人向けの濾過装置です。

オーバーフロー方式の濾過構造

メリット

濾過能力が高い

水槽そのものが丸々濾過容量になりますので濾材を入れれる量は圧倒的です。

水量を増やせる

水槽そのものが増えますのでかなりの水量を増やすことが出来ます。魚の数も見た目より多く入れることが可能になります。

小物類を濾過水槽に設置可能

下の濾過装置も水槽であるため、ヒーターや温度計類を設置することができ、水槽のレイアウトに専念することができます。

水槽内にヒーターや温度計類などの人工物が見えないのは素晴らしいことです。

デメリット

高価で手を出しづらい

おおがかりな設備になるため、非常に高価です。設備にもよりますが5万~10万円程します。

初心者にオススメの濾過装置は?

まずはやってみようかなとお思いであれば外掛け式フィルターがオススメです。

濾過能力は小さいというデメリットはありますが何より設置やメンテナンスが非常に簡単で、ひとまずのスタートにはこの濾過装置をオススメします。

濾過容量が小さいため少ない匹数しか飼えませんが、物足りないと思っていただければその時に是非新しい水槽を検討しましょう。

本格的に飼育を始めたいと思っている方であれば、外部式フィルターがオススメです。

濾過能力が高いこともさることながら、水草水槽にも対応できますし好きな濾材を詰め込むことが可能です。

自分に合った濾過装置を見つけましょう。

LINEで送る
Pocket

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

立ち上げたばかりの水槽と子ウパ

金魚と同じ設備で飼える!ウーパールーパーに必要な飼育用品!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg