アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

石巻貝の飼育情報。食べるコケの種類や飼育のポイントとか。

ガラス面についた石巻貝

コケ取りとして定番の石巻貝(イシマキガイ)について、飼育情報や食べるコケをまとめてみました。

水温やら飼育のポイント、水合わせ、食べるコケの種類などを解説。

石巻貝のみならず貝類は共通することも多いので、その他の貝としても参考になれば幸いです。

スポンサー

適応水温、基本情報

イシマキガイとコリドラス石巻貝は成長すると2cmほどになる日本にも生息している貝です。

そのため冬でも基本的に加温は必要なく、氷が張らない程度でしたら大丈夫です
※寒冷地には生息していません。

岩についたコケや微生物などを食べており、この食性から金魚、メダカのみならず熱帯魚のコケ取りとしても親しまれています。

値段

100円~200円ほどで販売されています。

食べるコケの種類

石巻貝が緑色状のコケを食べている様子石巻貝は様々なコケを食べることができます。

緑色のうっすら柔らかいコケ、茶ゴケ、緑色の濃いコケ・・・etc

特に濃い緑のコケは他のコケ取り生物があんまり食べないコケなので助かります。

食べないコケ

黒ひげ状のコケ逆に食べないのは糸状のコケ、黒ヒゲ状のコケ、濃い緑がベッタリとした藍藻(シアノバクテリア)です。

糸状コケや黒ヒゲ状も食うといえば食うのですが、それらが生える場所は葉のフチや流木の尖った所だったりと石巻貝が食べれない箇所に生えるのでほぼ期待できません。

飼育のポイント、注意点

ガラス面についた石巻貝イシマキガイは丈夫なので飼育は簡単です。

そのためあまり書くこともないのですが、強いて言うなら、というレベルの飼育ポイント・注意点を紹介しておきます。

起き上がれずに死ぬ場合がある

コリドラスにひっくり返された石巻貝何らかの拍子でひっくり返ってしまうことがありますが、たまにそのまま起き上がれずに衰弱死してしまうことがあります。

ひっくり返っている場合は元に戻してあげましょう

水合わせ

水槽へ入れる際は基本的にそのままドボンで可能ですが、屋外の寒いメダカ鉢など水温差が大きくなる場合は水温差でショック死してしまうことがあるので袋のまま1時間ほど水に浮かべてから入れると良いです。

袋のまま水に浮かべることにより徐々に温度に慣らしていくことができます。

ソイルを使っている場合は寿命が減る

カスタムソイル石巻貝、というか貝類全てなんですが低pH低硬度の水、簡単にいうと泥っぽい水は相性が悪く、寿命が減ってしまいます

砂利だと大丈夫なのですが、ソイルという土を固めたものとは相性が悪いところがあります。

とはいえ余程低pH、pH5台でもない限り気にする必要はあまりありません。

美観を損ねる卵を産む

イシマキガイを入れる際の注意点として白い粒状の卵を産むことです。

汽水という海と川の水が混じった水じゃないと孵化しませんが、これが取りにくく石の窪みとかに産み付けられたら尚更です。

そのため美観を気にするような方にはあんまりオススメできませんし、綺麗な水草水槽であるネイチャーアクアではほぼ使用されないコケ取りです。

こんな人には特にオススメ

ガラス面についた石巻貝特にオススメなのがあんまり手を入れてなくて硬いコケがこびり付いてしまった場合です。

石巻貝はコケをチギる能力が強く、エビやオトシンクルス類が食べれない固くこびり付いたコケにも効果があります。

その他濃い緑色のコケがある場合にもオススメです。
それらは他のコケ取り生物が敬遠しがちですが、石巻貝なら食べてくれます。

日本にも棲む貝類ということもあり、低温でも大丈夫なので金魚やメダカと特に相性が良いのが良いですね。

まとめ、個人的な所感

ガラス面についた石巻貝石巻貝は定番のコケ取りということもあり、どのショップに行っても大体置いているヤツです。

主に金魚やメダカのコケ取りとして利用されることが多いのですが、勿論熱帯魚のコケ取りとしても期待できます。
家では濃い緑色のコケが出たら出動してもらっています。

ネイチャーアクアとは相性が悪いところはありますが、安いので入れてる人も多し。

コケにお悩みの場合は試してみるのがオススメです。

関連:藻・コケの対策記事一覧

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事ランダムピックアップ

簡素な水槽

アクアリウムの仕組みと必要設備

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。 趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg