アクアハーミット 自然の水辺をお部屋に

アクアリウムの仕組みと必要設備

簡素な水槽

アクアリウムは難しい設備があると思っている方が多いように感じます。やっている人からすればすごく簡単な設備もありますし、興味があれば是非トライしていただきたいもの。

そんなアクアリウムの最低限の仕組みとそれに対応する器具類を紹介します。

アクアリウムの仕組みを知れば難しい器具を揃えなくても良いと感じることができると思います。

スポンサー

アクアリウムのロジック

アクアリウムは以下のロジックで成り立っています。

「魚が排泄物を出す」→「微生物によって低毒化」→「毒素が溜まってきたら換水」→先頭に戻る

餌を与えると当然ながら魚はフンをします。フンは目に見えない小さな微生物及びバクテリアによって分解されますが、完全に無害化することはほぼ不可能です。

そこである程度毒素が溜まってきたら換水即ち水替えを行って毒素を抜き出します。

これがアクアリウムのロジックです。

最低限のアクアリウム

つまり魚がいて、バクテリアがいて、換水を行えば簡素なアクアリウムになります。

バクテリアは水中にも遊歩していますが極僅かしかありません。そのためバクテリアの住処を用意する必要があります。

自然界では地中や砂利、岩場・水草の表面に住み着いていますので、水槽にも砂利や岩、水草を入れることによってバクテリアの住居を用意できます。

ですがアクアリウムではより多くバクテリアが住める「濾過材」というものがあります。

濾過材は各メーカーがより多くのバクテリアが住めるよう研究を重ねて開発及び販売を行っており、バクテリアの繁茂に非常に適しています。

そして濾過材を収納する装置を「濾過装置」と呼びます。つまり濾過装置をつければより多くのフンを分解することが可能です。

「水槽」に砂利や濾過装置などで「バクテリアの住居」を用意すれば最低限のアクアリウムになります。

投げ込み式フィルター

濾過装置無しなら、簡素な濾過装置でも設置すると効果を発揮します

水中ヒーター

水中ヒーターしかしながらこれだけでは金魚は飼えても熱帯魚を飼育することができません。

何故なら熱帯魚は熱帯域に生息する魚であるため冬が越せません。そのため秋や冬場は水中ヒーターを用いて水温を温める必要があります。

ここまでが熱帯魚を飼育する上での最低限必要な器具類となります。

照明

生け簀と異なり、アクアリウムは鑑賞するものです。

部屋の電気でも鑑賞することは可能ですが薄暗い水槽になってしまうので、照明器具は必要になります。もし水槽に照明器具が付いていない場合は付けることを強くオススメします。簡素な水槽でも立派なインテリアに昇華することが出来ます。

また水草を成長させようと思っている場合は育成に適した照明が必要になります。

照明

まとめ

いかがだったでしょうか。

思ったよりは必要な器具類というものは少なかったのではないかなと思います。

勿論多くの水草が繁茂する水草水槽や気難しい魚を飼育しようとするとそのために別途必要な器具類もありますが、基本的にはコレだけの仕組みでアクアリウムは成り立っています。

今まで設備が難しいと尻込みしていたものの思ったより簡単だなと感じていただいたら最低限のアクアリウムから初めてみてはいかがでしょうか。より凝りたいと思えば拡張していく楽しみもありオススメの趣味です。

関連タグ:
コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

魚や両生類の思い出に

記事ランダムピックアップ

外部式フィルター

外部フィルターの選び方!オススメや容量など選ぶポイント!

人気の記事

新着記事

オススメ

書いてる人

HN

犬水ジュン

自然派インドア。
趣味:アクアリウム、ネットサーフィン、釣り

サイトについて

リンク、引用歓迎。報告必要ありませんがリンクしてくれた時は「お問い合わせ」から教えてくれると嬉しいです。見てニヤニヤします。

https://www.aquahermit.com/

お問い合わせ

コチラ

Twitter

https://twitter.com/junwtdg